上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
LOVEツアー 東京4days終了しました。

私にとってのLOVEツアーはこれにて終了。
とってもとっても楽しかったけれど、もう見れない、終わってしまったと思うと一抹の寂しさも。

東京は幸運にも金土日の参加でした。

以下自分メモです。

● セトリは基本変わらず、
最終日12/15(日)のみ トリプルアンコで「A・RA・SHI」


演出変更

● 相葉さんソロが、ムビステでぐるっと1周から、センステ→メインステに変更
  衣装も、TEARS使用の赤のトレンチから、赤のカーディガン?と相葉丈パンツに。(これは東京からの変更)
● 本編最後の「愛を歌おう」 「肉まんの穴がふさがり、てっぺんに5人」←この表現をツイで初めて見たとき大笑いした。(これも、東京からの変更のよう)
● 札幌最終日から追加になっていた、アンコでセンステがお花畑になる変更。皆様のお話によると、大阪でバージョンアップした後、さらに東京はパワーアップしていたようですね。
お花畑、一面というかんじで、さらにセンステまわりのCDEFブロックの外側にお花の帯ができていました。
ということで、アンコはセンステお花畑から登場。

この変更に伴い、前後の立ち位置もろもろ変化していました。




以下、ネタバレ有りの感想です。











12/13(金)
席は1塁側ちょうど真後ろから45度くらい寄った位置の1階席下段(といっても下段の後ろの方だけど)で、私的には今回一番良い席

MCで、「サヨナラのあとで」は智くんのふり(今回はこれと、智ソロの2曲)、「ROCK TONIGHT」前の赤ちゃん嵐のVTRの脚本がJ監修のニノ脚本という話が披露された。

「サヨナラのあとで」のふり、素敵だなぁ。おちついて見れるようになってくると、「サヨナラのあとで」とか「スターライトキス」とかのふりをじっくり味わえるようになってきて、見れば見るほどツボにはまる。
「ROCK TONIGHT」もふりも可愛いし楽しいし大好きだけど!


あと、もう「モノクロ」アクセントダンス「PARADOX」がかっこよくて、好きすぎて。
ほんとにこの時ばかりは、双眼鏡で釘付け状態。
「モノクロ」はどうしても、まいどまいど翔さんをみてしまっているので、
ぜひぜひ、DVDの時はマルチアングルかセンステに集まる前の部分までは5分割画面希望!
あと、黒に金の衣装も好き。途中でジャケットとって、ノースリーブのパーカーのフードかぶって踊ってるところは最高!(二の腕のみせかけの筋肉ww最高です)

「愛を歌おう」の演出変更は5人がずっと見えている状態になったのはいいけれど、前の肉まんに5人が入っていったあと、1人づつでてきている演出もすごく幻想的で良かったと思うので、一長一短かなぁ。

お花畑はとっても綺麗。「遠くまで」がセンステからでてきて 大潤 潤ニノ やまたろ 櫻葉で順に密着したり、小芝居やらエアダンスしたりするところが加わってそこは楽しい。
やまたろのエアダンス、櫻葉で見つめ合ってのもろもろは何度見ても好き~

あと、これもちょっと落ち着いて見れるようになったからなんだけど、ジュニアの使い方がいいなぁって思う。
過不足ない!
ボリューム感だすためにワラワラいるわけでなく、ついてくれている子達はみんなうまい子達だし、それぞれの見せ場もありつつの必要不可欠な感じで、それでいて彼らの邪魔にはならないっていったらいいのかな。
コンフュージョンやインターギャラクテックといった、ジュニアを巻き込んだフォーメーションの曲はもちろん、モノクロとかの影のように1人に1人づぐついて踊っている感じもいいなぁって思う。

あと、この日は、「言葉よりも大切なもの」の時、翔ちゃん、にのあいののったトロッコがちょうど目の前で停止してくれて、これだけで十分な気分になりました。



12/14(土)
1塁側見切れ、上の方

今回のツアーでは翔ちゃんが見切れ席に本当に愛を注いてくれていて、でも残念ながらよくくる3塁側でなかったのが残念。
でも、アンコ1回目ではける時メインステのLOVEの扉がしまった内側がみれて、扉がしまったタイミングで左端にいた相葉さんが満面の笑みでお手ふり!すぐに隣の翔さんもふりむいて笑ってお手ふり。
見切れ冥利につきる!!!!
この日はこれだけでもお腹いっぱいの気分\(//∇//)\

この席からだと、基本後ろ姿を拝むことが多くなるけれど、センステで踊る後ろ姿が思ったよりも双眼鏡ごしに近く見えて、バックからのダンス姿は動きの様子が思ったよりもよくわかるのが発見だった。
(前から見てると、どうしても顔を見てしまうし、惑わされる要素が多いのかww)
翔さんのガニ股姿も改めて確認(笑)でも、そこが良いところ!

スターライトキスの振りはもともと可愛いなぁと思っていたけれど、キスの手振りをしながら足をぴょんと蹴り上げる振りがあってそこがとっても気に入ってしまった。(可愛すぎる)


12/15(日)
1塁側だけどほぼ正面、1階席上段後方。
ちょうど、アンコで潤くんがスタンドのところに登ってきたときの正面あたり
(いやぁ、はるか下の方とはいえ、正面にきてくれてラッキーでした!)

もう、今日で終わりって思うから、1つ1つを噛み締めていた感じ。
MCすぎて、Jソロになってモノクロはじまって・・・・。
もうここまでくると秒読みな気がして寂しさとともにとにかく焼き付けようと見ていました。

モノクロからパラドックス、コーリングまではやっぱり何度見てもいいし(今回のツアーでやっぱり一番ですね)
相葉さんのソロも改めていいなぁって感じる。
相葉さん、今回本当にチャレンジしたよねって思う、はでな演出一切なしで6万人の中で切々と歌い上げる。
二ノソロも好きだけど、回を重ねるごとに相葉さんソロが染みてくる。
(ちなみに、今回のソロの私的順番をむりやりつけると、1番翔さん、2番はニノ、3番相葉さんって思っていたけれど、ニノと相葉さんが逆転かも)次は智くんと潤くん。潤くんは、すごくいいんだけど、私の中であの路線でもっとぐいぐい引きずり込まれるものができるはずってハードルを高くしてしまっている感があるんだよね。智くんは文句なくステキだけれど、1度セルフプロデュースでなく、誰かに振りつけてもらったのをみてみたい。どうしても智のパターンにはまってしまいがちな気がして、もっといろんなものを引き出してほしいなぁって思います)

そして、何よりも、トリプルアンコまで行ったのは嬉しかった。




今回のらぶつあー、日経エンタにもあったけれど、彼らがダンスをキーにしていくグループなんだっていう彼らの気持ちを感じることができたきがするのはよかったなぁ。
また、センステでまとまって踊ってみせるというだけでなく、モノクロみたいに最初散ったところで踊って、でもジュニアの組ませることで、その部分だけみても世界観が感じられるように演出していたりとか、コンフュージョンのようなジュニアも巻き込んだ見せ方があったりとか、展開もいろいろで楽しかった。
さらには、ファンキーでファンもみんなが一体になって踊ったり、昔の曲でもアイデラとか君のために僕がいるのように、ふりをファンが踊ることを前提にした曲を持ってきたり、すごく楽しかった。
それに演出もそぎ落とすところ、セット等にお金をかけるとことのメリハリもついてきた気がする。

ホントに楽しかったな。

明日から、これを糧にまた頑張ります。


しかし、来年15周年何やるんだろう。
ツアーにぜひ呼んで欲しいなぁと、改めて実感する次第です。










関連記事
スポンサーサイト
2013.12.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2284-4d9cbf39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。