上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
翔さん、32歳のお誕生日おめでとうございます

(っていうか、もう12時をすぎてしまったから、実はお誕生日すぎてしまって、自担のお誕生祝いを当日アップできなかったなんて、誠に面目ない。
言い訳をすると、昼間仕事で、夜は翔さんが大好きなカンジャンケジャンでお祝いしようと友達と集まっていて←といいつつの飲み会  当日アップできなかったんです。ごめんなさい。)


32歳を迎える翔さんに、伝えたい気持ちって何?ってあらためて考えた時、
ちょっと怖いくらいに、不満や不安がないなぁって思ったの。
もちろん、もっと会える機会があればいいとかそういうことは限りないけれど
(それに関して言えば、これから3月にむけて来週以降はじまるであろう映画関連のこととか、
神頼みの気持ちしかない)

去年、家族ゲームが本当によかったし(これは、贔屓目なしに怪演だったと思うし、ああいうパブリックイメージを覆すような役をやれたということでも、すごく満足した気持ち)
謎ディは私的にはかなり期待値低く臨んだものの、映画自体の予想を超えるエンタメ作品としての完成度と、ちゃんと影山がその映画の中で存在感をもって機能していたこともあり、想像をこえる思いがけない満足感だった

キャスターやインタビュー等も、今度ソチもあるけれど、特にゼロの中でのスポーツ選手に対するインタビューは毎回、本当に相手から信頼を得て心を開いてもらっている様子が伝わってきて、これも財産だなぁって感じる。


ラップも、ソロ曲を含めLoveのラップは、私が一番好きな時期のラップ(One~Time)をなんとなく思い起こさせるような感じの曲がいくつかあって。それも、かなり嬉しかったりした。


アラフェス、Loveコンとも翔さんの気持ちが伝わってくるライブだったし、かつ本人がとっても楽しそうだったから(未だにBWの年明けの名古屋がちょっとトラウマになっている)そこも満足。


なんかね、幸せなことに満ち足りた2013だったわけですよ。




なんか、こんなに満足しちゃっているだけでいいの?っていう気持ちもあり、でも本人は、そこでほっとくつろぐことなく、次への変化を考えている様子も伝わってきて、そのことに逆にカツを入れられている気持ちもあったりします。


というわけで、私も安住することなく今年もがんばってついていくからね。
翔くんにとってもいいお仕事に恵まれる1年になりますように!
















関連記事
スポンサーサイト
2014.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2303-64904675

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。