上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2006年の新感線NEXUSの舞台「Cats in the Red Boots」のDVDを友人から借りていて見ました。
斗真くん主演のものです。

●「Cats in the Red Boots」SHINKANSEN☆NEXUS Vol.2
作  戸田山雅司
演出 いのうえひでのり
出演 生田斗真 松本まりか すほうれいこ 粟根まこと 市川しんぺー 梶原善 他


Nexusシリーズは若手をフューチャーしたシリーズなんですね。

グローブ座っていうすごくこじんまりのした空間で、270度のステージ、内容は「長靴をはいた猫」をパロディにしたというかそこに着想を得た内容で、演出も客席、観客とが一体化したもの。
これ、実際にあの空間の中でみたら、楽しさが倍増になるものだっただろうなと思いました。
(特典映像にインタビューやリハの様子があるんだけど、その中に斗真の誕生日をステージ場でお祝いする部分もあって大きな舞台ではないようなアットホーム感があってこれも楽しそうだった)

私は新感線は、いろいろに大掛かりなものをみたことが多かったけど、こういうこじんまりしたものは、なんか即興感と一体感がとてもいいなぁと思った。
(コメンタリーを聞いていると、演出もどんどん変化していって、舞台は生きてるんだなというのがよくわかる)

こういう舞台、楽しいなぁ


SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」 [DVD]SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」 [DVD]
(2007/02/24)
生田斗真、松本まりか 他

商品詳細を見る



斗真くん、今もとっても綺麗だけど、この頃は線の細い感じもまだ残っている。でも基本あまり印象はかわらないんだなと改めて感じました。
関連記事
スポンサーサイト
2014.04.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2323-cea88328

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。