上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
31歳、おめでとう!!!


ニノが、なんとなく変わってきたのはいつからなんだろう。

変わったっていうのはちょっと違うのかな?
いままで、あまり表に表すことをよしとしなかったものを、素直に表すようになってきたということなのか・・・。

7月号のSODAのインタビューで、現在撮影放送している「弱くても勝てます」に触れた部分がありました。
GUTSのMステのあと、もう1回やり直そうと思って1話~4話までを見なおしをして、もう少しどうあるべきなのか、もろもろ考えたことを話している。
(詳しくは、SODAをどうぞ!)
そして、そこでもろもろ感じ考えた内容を、スタッフに直接的なかたちでは伝えていないものの、「そういう気持の人がひとりいるだけで、現場の空気がより良い方向に変わっていくんじゃないかなって」

正直思ったほどには、視聴率ものびていないよわかて。
(初回こそ13.4%、その後は10前後、一桁のことも結構ある)
その中で、自分自身で見なおして、改善ポイント等について言及しているのも、ある種すごく新鮮だし、
またそのことをスタッフや共演している後輩達に、自分自身の演技とその都度の意見交換で伝えていこうとしている姿勢も、らしいといえばらしいし、新鮮な部分もあるとも言える。

思えば、24時間ドラマで、企画段階からかなり関わって、いかにもの24時間ドラマではなく今までにないタイプのものをつくろうとしていることをインタビューで話しているのを見た時も、ニノなんか変わってきているなぁと感じた。
今回も奇しくも同じ河野Pのものとで、スタッフとの信頼関係のもとスタッフ側の目線ももちながら主演としてあることを、取材でも話すニノが、なんかずいぶんいろいろな鎧を脱ぎ捨てて、シンプルに自分の考えたことをやり考えたことをストレートに話そうとする大人になってきたんだな(←なんか、わかりにくい表現だけど)と感じます。

31歳、今回後輩達の多い現場で、そういう背中をみせつつニノが頑張っているんだなぁと、その年齢に不足ない成熟と充実を見る気がしました。


ニノ、31歳の1年が充実した1年になりますように!


SODA 2014年 7/1号SODA 2014年 7/1号
(2014/05/23)
不明

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
2014.06.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2353-c917ccf4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。