上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
明日からのピカンチハーフ公開に向けての、復習で、2.3日前にピカンチを今日ピカダブを久しぶりに見ました。

前に見てから少なくとも3年以上は経過していると思うし久しぶりで。

改めて見て、これいろいろな意味で珠玉の作品だよねッて思う。

一つにには、嵐関係なく普通に笑えて面白い作品だと思う。
今回、高校生と一緒に両方友見ていて(彼は、初めてみた)、普通に笑いながら楽しんでみていた。
公開当時、限定的な公開だったわけだけど、作品的にはミニシアター系で普通に全国公開したって全然ありだよねって思う。
堤さんと嵐という素材の相性も抜群だよねって感じる。

そして改めて、ライブとはまた違う映画っていう形で、2002年と2004年にこういう形で5人で一緒に演技しているものが、こうやって残っているって貴重だなぁって思う。
そういうことでは、このピカンチ、ピカダブに引き続き、2007年に黄色い涙、2010年にドラマだけど最後の約束と、そして今年2014年にピカンチハーフと、3年前後のスパンで5人共演の作品が見れるっていうこともファンにとっては改めてありがたい話なんだなぁって感じる。(なかなか、グループ全員が共演する形での作品が定期的に作られているってないことだものね)←あ、5人共演ドラマって言うことでは、Vの嵐もあったね。

そして、ピカンチハーフ、いよいよ明日からですよね。

ここにきて、ピカンチの続編ができるってすごく嬉しい。
ピカンチはもちろん、素の彼らとは違うわけだけれど、それでもあの映画には青春(この言い方もこそばゆいわけだけれど)をギュッと閉じ込め、大人になる一歩手前での背伸びや戸惑いやら形や言葉にはしずらいモワモワしたものをギュッと閉じ込めていて、彼ら自身とは違うけれど、なんかあの年代だからこその彼らをすごく感じられる映画で。
(だから、これは青春映画としても珠玉だなって思うのだけど)
それが、10年たって、30過ぎた大人の彼らが、どう続編としてみせてくれるのか。(設定は8年後だっけ?)
単にチュウ、ハル、シュン、タクマ、ボンの8年後というだけでなく、大人になった彼ら自身がおそらく滲みでるんじゃないかと期待してしまっている。
(なんか、言葉でうまく言えないけれど、これって伝わるかなぁ)

まぁ、今回もドームシティでの限定公開。
数字とかは、全く気にせずにすむ状況の中で、のびのび楽しんでる彼らを見たいなぁ、
明日が楽しみ!












関連記事
スポンサーサイト
2014.07.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2367-23b2468c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。