上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8月は、ピカハフにどっぷりはまっていましたが、そうだそうだ見そこねていたと思い、「るろうに剣心 京都大火編」を見てきました。
もう公開から1ヶ月以上たっているし、銀座で平日夕方の回は空いていたけれど、お客さんが思ったよりも男性(それも会社帰りと思しき方)が多かった印象。

●「るろうに剣心 京都大火編」
監督 大友啓史
出演 佐藤健 武井咲 藤原竜也 神木隆之介 伊勢谷友介 他
公式サイト

前作も見ているのですが、最初 剣心@佐藤健、薫@武井咲、左之助@青木崇高、恵@蒼井優がどういう状態でおわったんだっけとか頭がしばし戻らなかったり。(まぁ、なんとなくそうかそうかこんな関係性出終わったんだっけ?と思いながら見ていてそれほど問題はなさそうだったからいいんだけどねw)

原作を読んでないし、これに関しては映画しか見ていないので、全くの映画の印象なんですが、前作も思ったけれどこれっていわゆる時代劇風ではあるけれど、明治初期の話だから、服装などふくめ妙に華やかというか和洋風ミックス的な印象。大掛かりなアクション系の見せ場も多いし、結構絢爛な感じはあるし、そもそも健くん中心にきれいどころを集めてるし。

今回もキャストは華や!中でもほとんど全身マスク?状態な志々雄@藤原竜也くん、この方本当に普通の役少ないよね(笑) そういう意味では、神カルは稀有だったんだろうなぁ。
今回も全身火傷で皮膚が焼けただれている狂気の剣士、完全な悪役だもの。
あと、修羅に身を落としてしまっている隠密の蒼紫@伊勢谷友介さんとか。狂気にみちた様子、美しいのと相まって迫力あり。
その中で、佐藤健くんの剣心のふにゃりとした柔らかさが相変わらず癒やしです。


これ、9月の中旬から 3作目の「伝説の最後編」が公開になるんだけど、
最後の終わり方とか、完全に連ドラのノリ。
早く続きが見たい!

関連記事
スポンサーサイト
2014.08.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2378-753654e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。