上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ハワイでの2日間にわたる嵐の15周年記念のBLAST LIVEも無事に終了。

私は、ハワイには行けませんでしたが、2日目の今日、ライブビューイングに参加してきました。

ライブビューイングどうなんだろう、本人たちはその場にいなくて映像を通してってどの程度盛り上がれるものなのか・・・・多少の不安も合ったのですが、楽しかった!
お台場のシネマメディアージュでみたのですが、半分以上の人が立ってたし、ペンラはほとんど持っていたし。
お陰で私も、通常のコン通りとは行かないまでも、踊ってコルレスもして、とっても楽しかった!

日本で参加できたことには、やっぱり感謝だな。
(でも、ヤシの木をバックにした海と青空、そして暮れゆくきれいな夕焼け空を見ていて、南の島特有のモワッとする空気感とか感じながら、聞きたかった、20周年もしハワイでやるなら、絶対行きたいなッて思いました)

ライブは、ヘリに乗って5人が登場
赤い衣装で、サングラスして降り立つところが、かっこいい。
攻めてるよ!


コンの構成は大きく4部構成って言っていいのかな。
オープニングのA・RA・SHIから5×10までは、途中VTRをはさみながら、
ほとんどをオリジナルに近い形でみせてくれる。
曲は、ここまで
・A・RA・SHI
・Lucky Men
・五里霧中
・PKA☆NCHI
・PIKA☆☆NCHI DOUBLE
・Love so sweet
・Oh Yeah!
・きっと大丈夫
・Step and Go
・Happiness
・Believe
・5×10

セットリストだけ眺めちゃうと、シングルやコンでお馴染みの曲でそんな新鮮味はないのだけれど、オリジナルに近くきっちり歌い踊ってくれるこれらの曲ってある意味とっても貴重で(お手振りや、トロッコなどに乗ってバラバラ状態で見ることが多いから)
特に最初3曲くらい冒頭かましてくれてる感じでかっこ良かった。
ピカンチも冒頭、映画の映像からはじまって、ガシガシ踊ってくれてカッコ良かった。

ここでMCをはさんで順番にお着替えタイム
翔潤2人だけの稀有なMCタイムとか、トイレと言って、レモンかじりに行くニノちゃんとか・・・なんかゆるく進行していく感じが彼ららしくて楽しかった。
レポはメモってないので、たくさんあちこち上がってるのでそちらをご覧くださいませ。

ここからは、再度の特設ステージで、スティールギター等現地のアーティストさんをバックに、ハワイを意識したアレンジに変えて
・マイ・ガール
・Everything
・Summer Splash!(ここからはステージも移動)
・CARNIVAL NIGHT part2
特に特設ステージでの2曲はバックの景色と相まってハワイならでは、綺麗でした。

そしてここ以降は、山場!
・Monster
・アクセントダンス~Facedown,Breathless(ちょっぴり)~誰も知らない
・P・A・R・A・D・O・X
そして
・Your Eyes

もう、モンスターからパラドックスまでかっこよすぎる。
この一番踊るパート、その前からふりだしていたスコールで、ホントにすごい雨で。
すべらないか、怪我しないのか心配なくらいのザーザーぶりで。
髪の毛もぐしゃぐしゃになりながら、雨をしたたらせ髪をかきあげながらの姿が色っぽかった。
しかし、誰もが思っていて本人達もだけれど、節目で嵐を呼ぶよね(笑)
私は入らなかった日だったけど、国立でアニバコンの潤くん誕生日の日の大雨を思い出しました。
モンスターは、ファイアーガールの演出つき。
それも全景としてすごくきれいな演出だった。
しかし、何度見てもパラドックスはエロかっこいい。
こういう大人な嵐がみれるのも嬉しいよね。

その後は、本編終わりまで盛り上げ曲の連続
・迷宮ラブソング
・Troublemaker
・ワイルドアットハート
・GUTS!
・感謝カンゲキ雨嵐

アンコールは、ご挨拶のあと
・season
・Bittersweet
・エナジーソング
・A・RA・SHI

このタイミングにもってきたseason、心にしみました。

挨拶はね、相葉さんは今日も泣いていたし、私も泣いたよ。
(他メンもうるっとしていた)
「15年前ハワイの会見から半年後のデビューコンサートで嵐のファンで良かったと思ってもらえるような嵐になって行こうと、そんなような話をしましたが18の自分の言葉を追い掛け続けてきました。」その翔さんの言葉を聞いて、デビューコンの泣きながら挨拶する18歳の翔さんの映像が頭のなかで重なって。
「15年前何かを裏切ってしまったような気がして」という言葉にも当時の彼の中の学校やら環境やら、他のジュニアやらへのいろいろな思いが感じられて胸にせまるものがありました。


ニノちゃんがね、相葉さんの挨拶をうけて「素直なんですよ、彼は・・」って何度も繰り返しながら愛をダダ漏れさせてイジるその様子も笑い泣きしちゃう感じで。

最後は、あれだけざーざーぶりだった雨も、さすがスコール!さっと上がって。ちゃんとヘリコプターで帰ることができたところは、いろいろあってもちゃんと帳尻をあわせてくる嵐だなぁって!

途中、15年の映像をバックにしながら、15年の思いを各メンバーにインタビューしたVTRが2回くらいにわけて流れるけれど、これも良かった。
相葉さんの時は、私もだけど何か笑っちゃうんだよね。
でも、そういう相葉さんが愛おしいなって改めて思う。

今回のハワイでのライブ、
ソロもなくて、5人だけのステージで、
花火や若干の特効はあったけれど、ウォーターキャノンもないし大掛かりな特効もないけれど、
彼らの15年の歩みがちゃんと振り返れて見せ場が多くて、それでいてハワイならではの感じもちゃんとあって
こういうものを、ちゃんとみせてくれるのがすごいなぁって思いました。

改めて、これからもしっかりついていくよ!って思わせてくれたハワイブラストでした。










関連記事
スポンサーサイト
2014.09.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2384-ff63986d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。