上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2014の夏ドラマは、いろいろ部分的にみたり脱落したものも多かったけれど、最後まで見終わったのは4本

●「HERO」 フジ月21時
はっきり言って見始める前は、今さらだよねとちらっと思ったのも事実。でも、新たな城西支部はちゃんと面白くて、仏に面白くって、「HERO」やっぱりすごいなぁッて思った次第。
お馴染み、小日向さん八嶋さんに加えての新メンバーも旧メンバーのキャラ設定をちゃんと受け継ぎつついい感じで面白かったし、北川景子ちゃんと木村さんのコンビも松たか子さんの雨宮とははまた違ってそれはそれで良かった。
児玉清さんはもういらっしゃらないけれど、鍋島次席に対するオマージュもありつつ、大塚寧々さんや勝村政信さんもいい具合に登場していたし。(阿部さんと松さんは、来るかなと思ったけどさすがになかったね)
いやぁ、HEROさすがでした!


●「若者たち2014」 フジ水22時
最初1.2回ほとんど脱落しかけていたけれど、そこを持ちこたえたら結構面白く見れた。
最初1.2回は、妻夫木くん演じる長男のキャラがうざいし、うるさいしなんか見るのにエネルギーを吸い取られるようで、ちょっとこれは厳しいなLと感じていて。
でも、兄弟それぞれのいろいろな物語になっていって、持ちこたえたかなという感じ。
それでも、最後まで近くにいてほしいキャラではないなぁと思ってしまった。
しかし、とことん昭和色が強いドラマでした。

●「ST」 日テレ水22時
はじめはそれほど期待していたわけではなかったけれど、期待以上に面白かったという感じ。
なんていうのか、テンポ感がよくてとっても見やすかった。
何がすごく良いとは言いにくいんだけど、結構面白く見れたなぁという印象。
やっぱり、藤原竜也くんってちょっと変な人ははまる(笑)


●「おやじの背中」 TBS日21時
1話完結で、毎回違う脚本家の競作ということで、興味を感じて見始めて、丁寧な作りが好感を持って見れました。
それぞれ面白かったけれど、印象に残っているのは、
第1話「圭さんと瞳子さん」 岡田敬和脚本 田村正和・松たか子
第5話「ドブコ」 橋部敦子脚本 遠藤憲一 堀北真希
第10話「北別府さん、どうぞ」 三谷幸喜脚本 小林隆
あたりかな。

1話完結で見やすかったし、脚本・演出が違って、タッチもいろいろなので 飽きずに楽しめました。


話題になっていた「昼顔」はドロドロ系はものによるので、最初から敬遠してしまい全く見ず。
「同窓生」も最初は見ていたけれど、なんかめんどくさくなってきて脱落。
逆に評判よかった「水球ヤンキース」は途中でみようかなって思ったけれど、途中からはなんとなく入りづらくて見ずに終わってしまいました。

 
関連記事
スポンサーサイト
2014.10.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2386-81079e60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。