上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お盆の時に録っていた「硫黄島からの手紙」やっとみました。

大きな声ではいえないけれど・・・
実は、きちんと(そうは言っても、テレビ短縮版なわけだけれど)集中してみるのは、初めてなんです。
(ニノちゃん、ごめん)
まず最初に、公開時、この時はガチ嵐ファンって言うわけではなかったから、見に行こうかなと一瞬思ったもののなんかタイミング合わずに見に行けず。
その後、テレビでやっているのをオンタイムで用事をしたりしながら流し見していて、なんとなく見た気になっていたんですよね。
(今回きちんと集中して見直したら、見逃していたシーンが幾つかあった)
まぁ、流し見だけで見た気になって終わらせていたのは、テーマが家で1人で集中して見るには重いなぁと気が進まなかったこともある。

この映画って確か、太平洋戦争をアメリカ側の視点から描いた作品とセットで公開されたんでしたよね。
(「父親たちの星条旗」もちろん、そっちは全然見ていないです。)
でも、今回これをきっかけにググってみて機会があったら見てみたいなって言う気が起きました。
日本視点のクリント・イーストウッド監督の描き方が、ある意味とってもフェアな気がしたので、アメリカ視点はどういう描かれ方なんだろうなあって興味がわいて。
これ、脚本も日系人だと思うけれど、日本人ではなかったので、いろいろな意味で日本人がみて違和感がないのはすごいなぁって思いました。

ニノは、あらためてすごいの一言。
最初はもっとチョイ役だったのにどんどん役が広がっていったといった記事(ごめんなさい、正確ではありません)を読んだことがあるけれど、彼が作り出す西郷像がどんどんイマジネーションをふくらませていった部分もあるんだろうなぁって感じます。
「二度あることは三度ある」 渡辺謙さんの栗林と西郷@ニノの生死が絡まり合っていく最後の部分、引きずり込まれて見入ってしまう感じでした。

伊原さんの西中将も良かった。
彼が自分の部下達を送り出すシーン、あそこでは誰も「天皇陛下万歳」とは言わないんですよね。
そして、あのあとを託された上官、彼はとってもまっとうな感じで、
軍国主義的狂信もさほどでなく、部下を思いやる心もあり、上官に対する敬意もあり、こういう多くの普通の人たちにあの無理な戦争は支えられていたのかなぁという気もしました。

●「硫黄島からの手紙」
監督 クリント・イーストウッド
出演 渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 中村獅童 裕木奈江 他

公式サイト
関連記事
スポンサーサイト
2014.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2387-85763306

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。