上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、今日と2夜連続の「オリエント急行殺人事件」
3時間×2というボリュームのあるドラマだったけれど、時間の長さを感じさせないほど面白かった。

1夜目は、原作に基本忠実な展開
萬斎さんの独壇場、そして克実さん@鉄道会社重役と笹野さん@外科医のおじさんコンビの掛け合いが面白すぎる。
そして2夜目は、三谷さんのオリジナル脚本での事件に至るまでの経緯。もうまさに、三谷ワールド全開で。シリアスなのかと思いきや笑える要素満載だった。
そして、ニノのストーカーぶりがキモかったこと。あのキモさを真顔で演じきる二宮さんがみれてすごく楽しかった。三谷さん、わかってるよね、ああいう部分をちゃーんとのっけてくれるんだもの。

萬斎さんのポアロ、本で読んだ時のポアロ像に重なるかと言われると(まぁ、読んだのはずいぶん前だし)必ずしもピッタリ重なるわけではないけれど。まるで狂言の舞台を演じているような萬斎さんのデフォルメぶりがすごくて、このポアロはありだと思わせる。この人の存在感ってすごいなぁって改めて感じました。

そして、今回のこの企画の真骨頂は2夜目。
ほんとに、殺人事件の計画なのてに、どんどん回転していって、流されながら輪がどんどんひろがっていって、最後の絵にカチっとハマるように作りこまれていく感じ。
感情とノリで突っ走っていく、草笛さんと杏ちゃん。あくまでも女優な富司さん、硬質な感じと柔らかさを併せ持つ松嶋さん。キモさと純粋さと直情を併せ持つニノちゃん。今回はエロ封印な沢村さんw。かっこいいはずなのに若干の残念感がただよう玉木さんw。意外にちょこまかして大活躍の池松くん。そして気が弱くて及び腰なのに、最後は押し切っちゃう八木さん。(全部役名ではなくて失礼します)
なんかポイントがどっかずれていくようで、でもそのずれていき方が、非現実的でありながら、有りそうな感じで。
三谷さんだなぁという感じでした。

それにしても、いつもながらに主役級ばかり集めた豪華キャスト。
そして、こんな豪華キャストの一翼となったニノちゃん、楽しかっただろうなぁ。
三谷さん、また呼んでくださいね。




関連記事
スポンサーサイト
2015.01.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2416-e5ba20c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。