上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
TOHOシネマズ日本橋にて、「エイプリルフールズ」見てきました。

いやぁ、久しぶりに行った。オープンの時の神カルイベ以来。
地下鉄から、1回地上にでてくるっと回ったんだけど、あぁここをあおいちゃんと桜吹雪の中人力車で行ったんだよねとか、ちょっと感傷に浸って。
いやぁ、もう1年立ってしまっているんんだよね。



と、話を今日に戻し、映画です。

●「エイプリルフールズ」
監督 石川淳一
脚本 古沢良太
出演 戸田恵梨香 松坂桃李  ユースケ・サンタマリア 戸次重幸 宍戸美和公 菜々緒  小澤征悦 大和田伸也 
    寺島進 高橋努 浜辺美波 山口紗弥加 高嶋政伸 りりぃ 岡田将生 生瀬勝久 千葉雅子 小池栄子
    窪田正孝 矢野聖人 浦上晟周 千葉真一 古田新太 木南晴香 滝藤賢一 富司純子 里見浩太朗 

公式サイト 

キャストは濃いし、面白かった。
面白かったけれど、まぁこんなものかなぁ。

エイプリルフールを起点にオムニバスにいくつかのシチュエーションが同時進行して、そしてそれぞれがつながっていく。

この筋立てを聞いて、どうしても私が大好きな「ラブ・アクチュアリー」をイメージしてしまったんですよね。
でも、まぁそこで勝手に期待をふくらませた私が悪いんだけど(脚本古沢良太さんだっていうこともある)
まぁ、面白いけどこんなもんかなぁっていう感じ。
もともと、目指している落とし所が違うんだから当たり前なんだけどね(しつこい)

「ラブ・アクチュアリー」ってクスッて笑えて、ポロっと泣けて、そして圧倒的に違うのがキュンキュン切なさと圧倒的な多幸感があるんですよね。

里見浩太朗さんと富司純子さん演じるご夫婦の話、寺島進の親子の話は良かったけれど、メインの戸田恵梨香と松坂桃李の話が面白いけど、心に落ちないからかなぁ。

浦上晟周くん頑張ってますね。
虐めにあってて、そこを乗り越える?感じの役で「家族ゲーム」を彷彿とさせてました。


関連記事
スポンサーサイト
2015.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2445-7b7efdf6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。