上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
一昨日、仕事で近くに来ていたこともあって、行こうと思っていた根津美術館の光琳に行ってきました。

● 「燕子花と紅梅梅 光琳デザインの秘密」 根津美術館  2015 .4.18~5.17


去年江戸琳派をみて、いいなぁと思っていたので、一度ご本家の光琳も見たいと思っていたのです。

光琳、そして光琳にとって先駆的な役割を果たした俵屋宗達の屏風絵を始め、光琳の工芸作家でありデザイナーである側面を堪能できる作品群、陶芸作家の弟の尾形乾山の作品等バリエーションにとんだ内容でした。

教科書などではお馴染みだった「燕子花図屏風」「紅梅図屏風」、実物はすごく良かった。
とにかく躍動感、リズムが感じられる。
両方とも絵画であると同時に、デザインとしてもすごく綺麗。

そして、宗達の「蔦の細道図屏風」もすごく好きだったのですが、こちらは、本当に17世紀のものと思えないほど、モダンな構図、色合い。

屏風絵が展示してある部屋は、宗達と光琳を見比べられる構成になっているのですが、
光琳は本当に、リズミカルで軽やかで華やかなことが実感できる。
本当にこのお部屋にずっといるだけでも、価値がある、そう感じさせてくれる空間でした。


帰りに、根津美術館の見どころに1つである日本庭園も回ってきましたが、ちょうどお天気がよかったこともあり、こちらもすごく気持ちのよい場所でした。



燕子花は、残念ながらまだ咲いてませんでした。GW中ならば、ちょうど見頃かもしれません。


関連記事
スポンサーサイト
2015.04.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2446-43f63392

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。