上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日、初日の「予告犯」
13時からの舞台挨拶付きの回に行ってきました。

●「予告犯」
監督 中村義洋
出演 生田斗真 戸田恵梨香 鈴木亮平 濱田岳 荒川良々 他

公式サイト

宣伝出目にする以外は、予備知識は殆どなかったのだけど、予想をはるかに上回って面白く、そして心を動かされう映画だった。

映画については、いろいろネタバレになりそうなので、折りたたむとして、まずは舞台挨拶のこと。

本日3回めの舞台挨拶。それも上映後のもので、特にマスコミも入っていないものだったから、本当にリラックスした雰囲気で楽しい舞台挨拶でした。
登壇者は、斗真くん、中村監督、戸田さん、亮平さん、濱田岳くん、良々さん。

最初に、司会者が出てくるところで、しょっぱなから斗真くんが出てきてしゃべりだしたのにはびっくりしたけれど。
完成披露試写会の時に、司会をやると予告していたからなんですね。
(ちなみに、今日の初回の舞台挨拶は、それぞれの予告した内容を検証したり、やったりする内容だったそう)

斗真くんは黒のスーツで、すごく柔らかい雰囲気をだしていて、今日も絶好調に美人さんでした。

初回に入った方によると、初回は結構カミカミだったwwそうだけれど、3回めともなるとかなり余裕で、「弟はフジテレビでアナウンサーです」なんていうアドリブもいれつつの進行役としての自己紹介でした。

先日のVS嵐出演時にも感じたけれど、本当に新聞紙チームの空気感が楽しそうで、今日もそれがとても伝わってきた。

上映後だからいえるヒョロ役の福山康平くんの話もいろいろでて、純日本人で高校球児だとか、はじめての演技経験である彼を見ながら、お兄ちゃん達は自分たちの若かりし頃に思いを馳せていたとか。

これまで、斗真の舞台挨拶は何度か見ているけれど、今日は本当に楽しそうで何よりでした。



続きに、映画の感想(ネタバレ多少有りです。ご注意くださいませ)


いやぁ、泣きました。
だって、泣くよ。

異常犯罪の若干グロい映画なのかなぁとも思っていたのだけれど、全然違っていた。
理不尽さと優しさにあふれていた。


ヒョロに対するゲイツの眼差しが本当に優しくて。
ゲイツのたてた結末に対する、3人の気持ちや態度。
そして、海辺での場面の青春感

過去と現在の時間軸が交じり合っているところが、前半はあまり気づかず意識せずみていて、最後になって、そうかそういうことだったんだなって全体像がみえて、全容と意図がつかめて、更に切なくなる。

窪田くんが、マン喫の店員役で出てくるんだけど、売れてるなぁ。
出番は少ないけれど、印象的な役。

ヒョロ役の福田くん、笑顔が切なくなる感じだった。


タイミングがあったら、もう一度行きたいなぁって思いました。



関連記事
スポンサーサイト
2015.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2455-af25eef4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。