上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日初日の「猫なんて呼んでもこない」

舞台挨拶つきの回で見てきました。

●「猫なんて呼んでもこない」
原作 杉作
監督 山本透
出演 風間俊介 つるの剛士 松岡茉優 市川実日子

公式サイト


まずは、舞台挨拶のはなし。

登壇者は、風間くん、松岡茉優ちゃん、つるのさん、山本監督、原作者の杉作さん、そして、主題歌担当のSCANDAL

まずは、かざぽんの舞台挨拶念願でございます。
去年、舞台2つとも行って、本当は終わった後のトークショーがある回をとりたかったけれど、とれずで。

役でない素のかざぽん、斗真や嵐さんのキラキラ感はさすがにそんなにないけれど、整っていて普通にステキでした。
(前に、プラベで斗真の舞台をみにきていたのを見たことあるけれど、その時はなんか異様にラフだったし)

そして、まずは松岡茉優ちゃんとの掛け合いが何しろ面白くって。
(松岡茉優ちゃん、可愛いし、結構気に入ってる女優さんだったけれど、素でこんなに面白くってますます気に入ったわ)
松岡茉優ちゃんと共演経験も複数あるから、すごく距離が近い感じで、まるで夫婦漫才のような掛け合いだった。

あと、茉優ちゃんの撮影中のはなし、フォトセッションを含む舞台挨拶中の場を仕切る空気感などから、ほんとにかざぽんが
周りの空気を読みながら場の雰囲気を作っていくことができるんだなっていうことを改めて実感した。


映画については、ほのぼのしつつ、ほろほろ涙が出る場面もあって、よい映画でした。

とにかくクロとチン,2匹を中心としたネコ達と、かざぽんが引っ張っていっている映画。
ネコにあれだけ演技させるのは、舞台挨拶にもあったけれどホント大変だっただろうと思うし。

そして、クロとチン。中心となる2匹がいるけれど、これはクロとミツオ(風間くん)の映画なんだろうなぁ。
網膜剥離で、ボクサーへの夢を断たれて、自分の中にある鬱々とした思いを、クロに対して投影していって、
そしてそのためにクロを振り回す結果(ネタバレになるから、このくらいの表現で)になっていって。

ミツオ自身がどう自分を立て直していくのかと同時に、動物と人間との関係性もいろいろ考えさせられた。
(ネコはしゃべれないし、結局は人間側からの視点でしかありえないんだけどね)

ミツオという役は、平凡でありながら、その普通からくる色々な感情を自然体に見せなくてはいけない役柄で、風間くんの力量を感じられる役。
他に、ミツオをやるなら誰と思うと、あとはニノが適役だろうなぁって思いました。(やっぱり、6/17の共通性があるのかなぁ)


関連記事
スポンサーサイト
2016.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2520-27953b9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。