上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
動植綵絵、見てきたよ( ;∀;)

●「生誕300年記念 若冲展」 東京都美術館 2016年4月22日(金)~5月24日(火)

以前、智くんナビゲーターの番組で若冲を知ってその中で動植綵絵を見て以来、ずっと見てみたいなと思ってました。
機会があるごとに、若冲の作品はあちこちで見てきたけれど、動植綵絵は皇室所蔵のものだし、さすがになかなか機会もなくてこのまま見る機会はないのかなと思っていたから、今回本当に嬉しくて。

360度ぐるっと動植綵絵30幅と釈迦三尊像に囲まれて、本当に贅沢な空間でした。

改めて、今回すごく充実した展示をみて感じたのは、すごく細かで写実的で、細部に分け入って行った時の見応えもさることながら、デザインといったらいいのか色や空間のバランス、間等、全体の構成がほんとに素晴らしいこと。
改めて、江戸中期の作品ながら、本当にモダンだなと感じる。

全部好きといっても過言ではないけれど、
特に今回初見で、目が離せなかったのが、
動植綵絵の
「梅花皓月図」「老松白鶏図」「群鶏図」「雪中鴛鴦図」「蓮池遊魚図」「紅葉小禽図」
その他、
「月夜白梅図」「旭日鳳凰図」等。

もちろん、色鮮やかなものだけでなく、
「月に叭々鳥図」「鹿苑寺の障壁画」等の墨絵の作品や、「乗興舟」「「玄圃遙華」なども以前見たことがあるものも多かったが、改めてじっくり見れて良かったです。

事前に放送された特番等も見ていましたが、改めて智くんがナビゲーターをした4夜連続の特番も見直したいなと思いました。
(特別編は再放送されたし、4夜連続のものも短く再編集して放送するようですが)


最後に、これだけすごい回顧展であるので、もちろん混雑しております。
平日午前中で、入場に50分待ち。中もはっきりいって大混雑でした。
まぁ、1ヶ月しか会期がないし仕方ないんだろうなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
2016.04.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2542-1ea4fb7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。