上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ニノの主演舞台「見知らぬ乗客」の制作発表が昨日行われました。

日刊スポーツは昨日付けでとりあげていたようですが、他スポーツ紙各紙やWSは今朝が多かったようですね。
私は、めざましの6時台前半のがみれました。(ギャラクシーの時は見損ねてしまったので、動いているニノが観れてよかった!)




「見知らぬ乗客」
東京グローブ座 2009 / 7 / 18(土)~ 8 / 11(火)

キャスト:二宮和也  内田滋 / 秋吉久美子 パクソヒ 宮光真理子
      厳大介 岡田あがさ 岡田さやか 川辺邦弘 倉木朋幸 深貝大輔

演出:ロバート・アラン・アッカーマン
原作:パトリシア・ハイスミス

東京グローブ座HP




ヒッチコックが映画化していている作品ということですけれど・・・
本当に本当に、楽しみです。

演出のアッカーマンさんって、ブロードウエイ作品も手がけるとHPの説明にありましたが、舞台の演出、映画監督とすごく幅広く活躍されている方なんですね。
ニューヨークでの作品では代表作が「BENT」(リチャード・ギア主演)
映画では最新作が「ラーメンガール」って西田敏行さんや余貴美子さん、山崎努さん達が出られているようですね。(私は、知らなかったんですが)
ばた、the companyという日本を拠点において活動する演劇集団も立ち上げていらっしゃるそうで、日本での活動もよくなさっているようです。


共演は、秋吉久美子さん、内田滋さん他

秋吉久美子さんは、ニノのお母さん役。「青の炎」で共演した時も親子で、それもニノが殺人をおかす設定。今回と本当に同じですね。
秋吉久美子さん、相変わらずかわいらしくて美しい。
私がみた、めざましの映像でも、秋吉さんとのやりとりがとりあげられていて、天然っぽい秋吉さんとニノがすごくいいコンビネーションでした。


あと、めざましの映像では、他にアメリカ人の演出家ということで、外国人とのコミュニケーションの秘策について、
「常に笑っとくっていう ヘーイ!ハーイ!みたいな。相葉くんの力を借りつつみたいな」
「相葉はとにかくわからなかったら「笑え」ってよく言っているので、実践してみようかな」
と言いながら、監督と笑い合ってみせているお茶目なニノも取り上げられていました。

会見のニノはチャコールグレーっぽいストールをまいて、完全男前路線のステキな二ノでした


しかし、今回も心に闇をかかえている、何を考えているかわからないような殺人者、難しい役どころがつづきますよね。
ニノがどんなふうに演じるのか、はたまた舞台のニノってどんな感じなのか
(同じ役者さんでも、テレビや映画の印象と生の舞台って本当に違うなって思います)
どんなニノが観れるのか、ワクワクしてきます。



 



<追記>
ニノの舞台は、観れることになりました。
激戦だったようで、ラッキーのひとことです。
友達のところで、一緒に申し込んでもらったのですが、連絡がきた日はもう興奮状態でした
今回、外れてしまった方、行きたいけれど遠方等諸事情のため申し込めなかった方の分までしっかり観てきて、少しでも様子をお伝えできればいいなって思っています。

しかし、昨年末から、相葉ちゃん舞台、ムサシと激戦の舞台にチャレンジして本当に苦労してきたのであたったことがうそのようです。
(夏休みとかいろいろ考えて、倍率が少しでも低そうな曜日時間帯を選んだつもりだったのですが、それが功を奏したのか、もうただ単にラッキーだっただけなのか・・)

これからしばらく、この日を楽しみに、日々の生活ガンバリます




以下、関連記事です。

デイリースポーツ
嵐の二宮和也(25)が11日、都内で主演舞台「見知らぬ乗客」(7月18日~8月11日=東京グローブ座)の製作発表を行った。「08年度ギャラクシー賞個人賞」を受賞するなどテレビドラマでの演技で高評価を受けている二宮だが、舞台出演は4年ぶり。「嵐以外のお仕事は基本的にアウェーなので、勉強させてもらいにいってます」と謙虚な姿勢を見せた。

 物語は、ヒチコックにより映画化もされた、ミステリー作家のパトリシア・ハイスミスの長編小説が原作。『交換殺人』を描いたサスペンスで、資産家の息子で殺人に手を染めるブルーノを演じる二宮は、「怒ってイライラしたり、悲しくて泣くのではなく、感情が分からないのが一番怖い。そういう環境をうまくつくれたら」と“狂気”の体現法について語った。


 結成10周年を迎えた嵐から離れてのソロ活動。「ほかの人もドラマ、ニュース、バラエティーをやって、リーダーも釣りをやったり、忙しいんですよ」と釣り大好きのメンバー・大野智(28)をネタに、報道陣の爆笑を誘っていた。


サンスポ
嵐の二宮和也(25)が11日、都内で行われた主演舞台「見知らぬ乗客」の製作会見に出席。主人公の殺人鬼・ブルーノ役に「狂気がポイント。素直な人物像が逆に怖い」と新境地をアピールした。

 4年ぶりの舞台で、秋吉久美子(54)とは03年の映画「青の炎」以来の母子役。秋吉が「二宮君は王子から王にならなければいけない大事な時期」と熱視線を送ると、二宮は「では王にならねば!」とテレ笑い。東京グローブ座で7月18~8月11日。

スポニチ
嵐」の二宮和也(25)が11日、都内で行われた主演の舞台「見知らぬ乗客」(7月18日~8月11日、東京グローブ座)の製作発表に出席した。同題小説が原作のサスペンス。4年ぶりの舞台で殺人鬼を演じる二宮は「底なし沼のような作品。その感覚を楽しんでいただきたい」とPR。恋人のように親しい母親役の秋吉久美子(54)を「魔性ですよね」と感想。ほかに内田滋(31)らが共演。


報知
嵐の二宮和也(25)が、舞台「見知らぬ乗客」に主演することになり11日、都内のホテルで会見した。


 アルフレッド・ヒチコック監督も映画化したサスペンスの古典で、米国のロバート・アラン・アッカーマン氏が演出を担当。主人公の殺人鬼ブルーノを演じる二宮は「毎日殺人するわけですからやっぱりつらいものはありますね」。さらに悩ましいのは、母親役の秋吉久美子(54)の存在。「この前もポスター撮影のときにずっとおっぱいの位置を直してるんですよ。前に共演したときもパンツ見えそうだったし。母とは思えない。僕の母はお地蔵さんみたいですけど」と苦笑いした。7月18日から8月11日まで東京・大久保の東京グローブ座で。


日刊スポーツ



 嵐の二宮和也(25)が11日、舞台「見知らぬ乗客」(7月18日~8月11日、東京グローブ座)の制作発表を都内で行った。4年ぶりの舞台に「基本、嵐以外の仕事はアウエーなので、勉強させてもらいに行っている感じです」と意気込んだ。


 同名人気小説が原作で、51年にアルフレド・ヒチコックが映画化。物語は資産家の息子が偶然列車に乗り合わせた建築家に交換殺人を迫るサスペンス。数々のブロードウェー作品を手掛けてきたロバート・アラン・アッカーマン氏が演出する。


 演じるのは狂気の殺人鬼の一面を持つ青年。「狂気は僕にあるのかな…。考えたことがないけど、ゲームやトランプとか楽しめるものをみつけるとひたすら楽しむ集中力は人とは違うのかな」と自分の中に潜む“狂気”を明かした。


 恋人のように親しい母親を秋吉久美子(54)が演じる。二宮は秋吉と映画「青の炎」で共演。同作品でも二宮が殺人者で秋吉がその母親を演じており、偶然だが今回も同じ設定に。秋吉は二宮について「頼りになる子。いざとなったら受け止められる子」と高く評価した。


 ほか、内田滋が出席。





 

 

見知らぬ乗客 (角川文庫)
パトリシア ハイスミス
角川書店

このアイテムの詳細を見る



見知らぬ乗客 [DVD] FRT-106

ファーストトレーディング

このアイテムの詳細を見る




 

関連記事
スポンサーサイト
2009.06.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/256-812f60eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。