上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「ブリジット・ジョーンズの日記」の新作を見てきました。

●「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」
監督 シャロン・マグワイア
出演 レニー・ゼルウィガー コリン・ファース パトリック・デンプシー 他

公式サイト

ブリジット・ジョーンズのシリーズは大好きで、過去2作はもちろん見ていて。
今回、色男をやるにはちょっと問題ありな(←そう言っていいのかわかんないけれど、私的にはもっとかっこよく年をとってほしいなヒューさまは出ていないが、(なんと、お葬式で、若かりし、りりしいお姿が写真で登場)
レニー・ゼルウィガーのブリジットもコリン・ファースのマークもみれる。

うーん、何というかすごく懐かしくて、のっけからAll by myself とか、かかって(カバーだけど。でもエリックカルメン大好きで、アルバム買って聞いていた身には軽い興奮でした) 相変わらずちょいお下品でダメダメなんだけど、なんかいろいろ気持ちが共感できる部分もありで楽しかったし、笑ったし、なんか笑いながらもうるっとしていた。

でも、レニー・ゼルウィガーの劣化がかなり激しくて、これどうよとも思ったけれど、逆にリアルな40代という感じで、そう思わせる状況も含めてブリジットらしさだし役作りなんだろうなとも思う。でもそれにしても、けっこうなものです。

最後、これでこのシリーズも終わりなんだろうなって思ったけれど、老夫婦になってのすったもんだをまたやったりしてね、いくつになってもダメダメなブリジットは大歓迎かもしれない。



関連記事
スポンサーサイト
2016.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2591-712dcb06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。