上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「RENT」20周年記念ツアーの東京国際フォーラムでの公演に行ってきました。

●「RENT」
場所   東京国際フォーラム ホールC
脚本・作曲・作詞 ジョナサン・ラーソン
演出(初演版)   マイケル・グライフ
キャスト       カレブ・ウエルズ(ロジャー) ダニー・ハリス・コーンフェルド(マーク)  アーロン・ハリントン(トム・コリンズ)
            スカイラー・ヴォルプ(ミミ) デイビッド・メリノ(エンジェル) ケイティ・ラマーク(モーリーン)
            ジャスミン・イースラー (ジョアン) クリスチャン・トンプソン(ベニー) ブライソン・ブルース(コリンズ)


10年近く前にみた映画版「RENT」が私の中ですごくインパクトがあり、曲も好きでサントラを借りて聞いたりしていたのですが、ようやく念願で舞台版を見に行くことができました。

英語はさほど得意でないから、どうしても字幕をちらちら見つつでないと歌の意味とか把握しきれないところもあるのですが、それでも十分楽しめました。

何よりも大好きな「Seasons Of Love」(これをきくと、ほんとに胸が締め付けられるような気持になる)を生で聞けたことが嬉しかった。
ストーリーはある程度見ているうちに思い出してきたのもある。


主要キャストの中では、何よりロジャー訳のカレブ・ウエルズの歌声がすごく素敵でした。

映画版、久しぶりに見かえしてみたいそんな気持ちにもなりました。
関連記事
スポンサーサイト
2016.12.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2599-77400977

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。