上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう年もこえてしまい今更感が満載ですが、秋ドラマの感想と真田丸のこと。

秋ドラマでみていたのは、恋ダンスが大ヒットとなった逃げ恥こと「逃げるは恥だが役に立つ」と「黒い十人の女」

●「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 火10
新垣結衣 星野源 石田ゆり子 古田新太 大谷亮平 藤井隆 真野恵里菜 他

恋ダンスも楽しかったけれど、何より新垣結衣ちゃんがかわいくて、石田ゆり子さんがすごく良い感じだった。
みくりの新垣結衣ちゃんは、すごくはまり役。この役を、この年代の他の女優さんと思ってもあまり浮かばないくらい。
そして、石田ゆり子さん。キャリアで、姪っ子におせっかいなくらい世話を焼いていて、男性に対してちょっとうぶで。
みくりと平匠さんの掛け合い恋愛模様がちょっとコミカルで、ゆりさんと風見さんや沼田さんの山さんのバーでの会話を中心にした人間模様がちょっとほろ苦くて、いいコントラストだった。
いろいろに楽しめたドラマでした。

●「黒い十人の女」 日テレ 木深夜
船越英一郎 水野美紀 成海璃子 佐藤仁美 トリンドル玲奈 若村麻由美 他

バカリズム脚本 視聴率はめっちゃ低かったようですが、面白かったよ。
船越英一郎が、ほんとダメダメな十股男で、それをめぐる女たちの関係性に笑っちゃう感じ。
でも、船越さんは、おっさんだけど、こういう人ってもてるだろうなと思わせる感じはさすがだなぁって思いました(笑)


●「真田丸」 NHK大河
脚本 三谷幸喜
堺雅人 大泉洋 草刈正雄 長澤まさみ 高畑淳子 内野聖陽 吉田羊 近藤正臣 小日向文世 他

もう新しい大河が始まったしまいましたが、去年の「真田丸」のこと。
真田幸村は、名前は知っていてもなんかあまり縁もなく興味もなくこれまでスルーしてきた人物でしたが、真田という小領主から視点での戦国ものは面白かった。
堺雅人さんの真田信繁はもちろん良かったけれど、魅力にあふれ出色だとおもったのは、草刈正雄さんの真田昌幸、内野聖陽さんの徳川家康、
草刈さんの真田昌幸は戦い上手でありながら、結構その場しのぎな感じがあり、その場その場の動物的嗅覚で生きていたりするところとか、いかにも戦国武将らしく時代があと30年違っていたらまた、違う展開だったのだろうなと思ったりする。
そして内野聖陽さんの徳川家康。これは、私は近年まれにみるヒットな家康なんじゃないかと思っています。
三谷幸喜さんの脚本によるところ、そして内野さんの表現によるところ、両方があっての造形だと思いますが。
単に腹黒い的なキャラクターで描かれることが多いように思う家康。でも、その用心深さとか人間ちっちゃいところとか(阿茶の局@斉藤由貴 とのコンビ感が最高だった) 質素に徹している様子とか、人間的なコミカルな部分をうまーくだしていてすごく魅力あふれる家康になっていたなと感じました。
あと、長澤まさみさんが演じたきり。女性だし、不明な部分が多いから創作できる部分も多かったのだと思いますが、その行動力とか、信繁を一途に思い続ける気持ちとか、姉ご肌的気質とかすごく印象深いキャラクターになっていました。





 


関連記事
スポンサーサイト
2017.01.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2610-d96d38ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。