上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
●ブラナー・シアター・ライブ「冬物語」
演出 ロブ・アシュフォード ケネス・ブラナー
出演 ケネス・ブラナー(リオンディーズ) ジュディ・ディンチ(ポーリーナ) ハドリー・フレイザー(ポリクシニーズ) ミランダ・レイソン(ハーマイオニー) トム・べイトマン(フロイゼル) ジェシィ・バックリィ(パーティダ) 他

昨年12月ごろやっていた時は、どうしてもタイミングが合わずで見に行けなかった ブラナー・シアター・ライブ。そもそもは、ライブビューイングをしたものなんですね。
私自身は蜷川さんのシェイクスピアをずっと見てきたけれど、他の人のシェイクスピアも見に行きたい、それには、ケネス・ブラナーは、もともと好きな役者だし、彼自身がシェイクスピア俳優と言われているし、若いころ監督主演している「空騒ぎ」の映画版もみていたので 入門編としてはとても良い機会。
ということで、生ではないけれどどうかなぁ、それも英語版だしなぁ(翻訳つくからよいけど)と思いながらみました。

もう、3時間があっという間だった。
すごく面白かったし楽しかった。力のある役者さんの舞台ってこんなにも引き込まれるものなんだなぁと改めて思う。
冬物語は、蜷川版では、唐沢寿明さんがリオンデーズ、ハーマイオニーとバーディタを一人二役で田中裕子さんがやって、田中裕子さんが2役を演じ分けるのが全く違っていてすごく感心したのだけれど、今回はケネスのリオンディーズもさることながら、何よりもジュディ・ディンチのポーリーナの迫力がすごい。あれ、蜷川さんの時って誰だっけ?と思って調べたら藤田弓子さんでした。
う~ん、申し訳ないけれどそれほど印象に残ってなかった。っていうか、ジュディ・ディンチの迫力がすごすぎるんだけど。
あと、オートリカスという狂言回し的な役どころの唄を歌う盗人がでてくるのだけれど、この彼が独特の存在感ですごく気になる。(ジョン・ダグリ―シュという役者さんらしい)

あと、蜷川さんのは舞台美術や衣装が基本中世というか古代というかそんな感じの衣装だったけれど、ケネスのはフロックコートの王様で18世紀19世紀のヨーロッパの王様っぽい設定。
そして、シチリア対ボヘミアという国の設定も蜷川さんのは赤と青という色で対比させる感じであまり実際のボヘミア感とかそういうのはなかった気がしたけれど(日本ではあまりピンと来ないからだろうって思う)ケネスのは、2幕の羊飼いの場面とか踊りとか、ボヘミア感がでているきがした。
歌とか踊りとかも力強さがあってすごくよかったんだよね。
舞台美術も奇ををてらった感じはないけれどシンプルでいて効果的でよかったと思う。

ハーマイオニー役の女優さんがすごくきれいな魅力的な人で、田中裕子さんのハーマイオニーはもっと貞淑さを前面に出していた気がするけれど、すごく人間的魅力にあふれるイキイキした感じだった。

冬物語が面白かったので、来週ロミジュリもぜひ見に行けたらって思っています。


関連記事
スポンサーサイト
2017.02.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2623-372ff0dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。