上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
BUNKAMURAでやっている暁斎に行ってきました。


●「これぞ暁斎!」
場所 BUNKAMURA ザ・ミュージーアム
期間 2017.2.23~4.16


寡聞にして、私は河鍋暁斎って名前すら知らなかったんですが、今回見に行って、ほんとによい出会いができました。
世の中ってほんとに、まだまだ見たこともないこと、知らないことにあふれていて面白い!

今回の展覧会は、暁斎のコレクションを持つ、ロンドンのゴールドマンコレクションからのものだったのですが、本当に暁斎の多彩な面を一望できて、暁斎初心者のとしてはうってつけのものでした。

まず、圧倒的にうまい。細かく書き込む技術もすごいなぁと思うし、
扱う題材も幅広くそれがまた、古典的な題材を扱いながらも暁斎特有のパンチのきいた表現(風刺がきいていたり、パロディにしていたり、思わず笑ってしまうようなものであったり)になっている。

いろいろな作品があったが、特に蛙をモチーフにした作品は、鳥獣戯画あるいはポターのピーターラビットのシリーズを思わず思い起こすほどに、蛙たちがイキイキしていて面白い。(「蛙の学校」「蛙の出陣」など)

鬼と鍾馗、達磨、美女たちとの組み合わせも、一風変わってひねりがある。
何より、鬼たちもすごくイキイキと表情があり魅力的だった。

今から100年以上前の江戸末期明治の時代に、こんなに自由で楽しいものが作られていたと思うと、改めて当時の人のパワーを感じた。






関連記事
スポンサーサイト
2017.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2629-bf7d04e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。