上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今朝、ズームをつけていたらマイケル・ジャクソンが呼吸停止状態で病院に運ばれたとの速報が。
びっくりしました。ただただ、びっくり。
そして、死亡ということで、発表されたようですね。

詳しくは、こちら

デイリースポーツ から

ロサンゼルス25日共同】「スリラー」など世界的ヒット曲で知られる米人気歌手マイケル・ジャクソンさんが25日、ロサンゼルスで死去した。兄のジャーメインさんが記者会見で明らかにした。50歳。詳しい死因は不明。米音楽界で「キング・オブ・ポップ」と称された一方、私生活ではスキャンダルや奇行が目立ち、波乱の一生だった。


 家族や米メディアによると、ジャクソンさんは心不全とみられる症状でロスの自宅で倒れ、25日正午(日本時間26日午前4時)すぎ、救急隊が到着。既に呼吸ができない状態で、搬送先のカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)付属病院で、午後2時26分に死亡確認された。


 ロス市警当局者は現段階で死去に事件性を示す証拠はないと述べた。遺体は検視局に搬送された。


 7月にはロンドンで公演を行う予定だったが、5月に主催者が延期を発表。健康問題が取りざたされていた。


 ジャクソンさんは1958年、米インディアナ州ゲーリー生まれ。69年に兄弟5人で結成した「ジャクソン・ファイブ」のリードボーカルとしてデビュー。その後、ソロ活動を始め80年代以降、大ヒットを連発し世界的スターとなった。


 「今夜はビート・イット」「ビリー・ジーン」などを含む82年のアルバム「スリラー」は全世界で1億枚以上を売り上げ、世界で最も売れたアルバムとしてギネスブックに認定された。その後も「バッド」などヒット曲を出し続けた。


 84年、米音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞で8部門を制覇。生涯で計13部門を獲得した。


 85年にはアフリカ飢餓救済のチャリティーで、故レイ・チャールズさんなど米音楽界の大御所が集結した「ウィー・アー・ザ・ワールド」制作の中心となった。


 94年にエルビス・プレスリーの娘リサ・マリーさんと結婚したが、96年に離婚。同年に再婚したが約3年で破局した。子供が3人いる。2003年には自宅兼遊戯施設だった「ネバーランド」で少年らに性的虐待をしたなどとして米国で子供への性的虐待罪に問われ、05年に無罪評決を勝ち取ったが、金銭問題などを抱え、本格的な公演活動をしていなかった。

その他
スポーツ報知
日刊スポーツ



何か、ショックですよね。最近のマイケルを好きだと思ったことはなかったけれど。

ジャクソン5だった頃は、流行った代表曲くらいしか知らないかも。でも、ボーイソプラノでかわいい声でしたね。
そしてアルバム「Off the Wall」が出て、マイケルのソロとしての全盛期、MTVで、ずっとみていました。熱狂的にファンだったわけではなかったのですが、好きとか嫌いとかそういう次元ではなく、マイケル自体が圧倒的な存在感で、彼がどんなことをするのかに目が釘付けになっている感じでした。

「Off the Wall」 このアルバムはすごくインパクトがあった。
スリラー 当時、スリラーのPVは画期的でした。
あんなふうに特殊メイクして、ストーリー性がすごくあって・・
ムーンウォークで一世を風靡しましたけれど、本当に重さを感じさせない、人間とは思えない感じだった。

来日した時は、ドームでのコンサートもいきましたよ。

何か最近はスキャンダルの方が目立っていて残念でしたけれど。

50歳、まだまだ若くって。本当だったら、もっと現役で頑張ってくれていたらよかったのに。
ご冥福をお祈りいたします。



web拍手を送る
 



 私にとってのマイケルはこの3枚でした。






オフ・ザ・ウォール

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

このアイテムの詳細を見る







スリラー

SMJ(SME)(M)

このアイテムの詳細を見る

 







バッド

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

このアイテムの詳細を見る






 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




来日公演も行って、ドームで見たと思います。

関連記事
スポンサーサイト
2009.06.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/274-ea6d2693

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。