上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

6月に読んだのは、「柳に風」「映画篇」「SNS的仕事術」の3冊でした。
以下、感想です。







柳に風
古田 新太
ぴあ

このアイテムの詳細を見る


● 「柳に風」  古田新太 ぴあ

2001年10月22日号~2004年1月26日号の間に、「ぴあ関西版」に掲載されたものに加筆修正したものとのことです。
面白かったですよ。笑っちゃって、電車の中で読むのはちょっとやばかったです。
(完全に変な人だもの)
古田新太さんって、俳優さんとしても面白いなって思っていたし、素の状態も面白いなって思っていたのですが、裏切られることなく面白かったです。
かなり、下ネタも入っていたりするんですけれど、古田さんがいうといやらしくなくて笑っちゃいますよね。
でも、あまりバカ笑いしている母をみて、中3が、「おれも読んでみようかな」
「面白いから読んでごらん」と答えましたが・・・・・。
ふとわれにかえり、母がこんなに下ネタ満載ものお勧めしていいのかな??・・まっ、いいか。もう来年高校だしね、と思ったゆるゆるの母でした。

ちなみに、今は文庫本もでているみたいです。







柳に風 (新潮文庫)
古田 新太
新潮社

このアイテムの詳細を見る






● 「映画篇」 金城一紀  集英社

大好きだったので、別エントリーで語っています。よければそちらへ(→映画篇





映画篇
金城 一紀
集英社

このアイテムの詳細を見る

● 「SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える!」
   鶴野充茂  ソフトバンク新書

2006年の7月にでた本なので、もう3年前の本になります。しかし、この本のテーマはコミュニケーションをテーマにキャリアを気づいてきた著者が、個人の情報発信力を高めて仕事をいていくとはどういうことなのかそのためにはどうしていったらいいのか等について書かれたものなので、古さは感じませんでした。
それに、そういう発想とSNSなどのツールがどうかみ合っていくのか等が具体的に書いてあって、読みやすくわかりやすい本でした。

世の中って、徐々に変わっていく部分もあるけれど、技術の進歩によってドラスティックに変わる部分も大きいですよね。
仕事上云々は置いておいて、
個人の情報発信っていう意味でいえばブログとかだって、自分でやってみていてスゴイなこういうことって思います。
だって、私が学生の頃や社会人なりたての頃ではこういうもの考えられなかったもの(自慢じゃないけれど・・PCだって貴重品な時代だった)
それで、実際に試してみると、それを外から眺めていた時とでは全然違うものとしてとらえられるものね。
そしてね、うちの息子のことなんか考えると、物心ついた時からネットが普通に身近にあったりするわけじゃないですか。ものごとの見え方が全然違う部分ってあるんだろうな・・なんて思ったりするわけです。(何か、年寄りくさいものいいで嫌なんだけど)
まあ、ある程度はキャッチアップしていきたし、そうするとまたいろいろ面白いこともでてくるからね。







SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える! [ソフトバンク新書]
鶴野 充茂
ソフトバンククリエイティブ

このアイテムの詳細を見る



web拍手を送る
 







 

関連記事
スポンサーサイト
2009.07.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/283-264e3f79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。