FC2ブログ

夏ドラマもほぼ終了で、TSUTAYAで「トキオ 父への伝言」を借りてきました。

翔くんドラマの中で、見たことがなかったものなので、観てみたいなっておもっていました。太一くんと、親子の役というのも「えっ!?」という感じでしたので。
第1週~第5週までに分かれていて、ひとつの週は1回15分×4という構成になっています。(DVDでは、2巻ぐみです)
今回は、DVDの1巻目、第1週から第3週までの感想が中心です。

ストーリーはすごく簡単に言ってしまうと、実の母親(風吹ジュン)に里子に出され自分の生い立ちを恨みながら、ちゃらんぽらんに生きている拓実(国分太一)が、25年後の世界からやってきた息子の時生(櫻井翔)のサポートを受けながら、自分の前から姿を消した恋人の千鶴(富田靖子)探しをする中で、受身ですごしてきた人生が変わっていく(第3週までは)そんな話です。

まだ、話の途中なので、ストーリーにまつわる全体的な感想は後半にゆずるとして。

でも、はじめは出会ってでこぼこしていた感じだった、25歳の拓実、19歳の時生の関係がすごくいい感じになってきています。

年は、拓実の方が上なんだけど精神的には時生の方が大人で、時生は2004年の現実世界では、不治の病で危篤状態でそのこん睡状態の中でたぶん昔の父のもとにやってきているんですよね。伝えたいことがあって。
だから、昔の世界での父の姿(ちゃらんぽらんで、中途半端で、短気で)にもどかしさも感じつつ、現実をうけいれて寄り添っていく様子が何かとっても温かい。
時生の拓実をみる眼差しが、やさしくてそれでいて、この人はお父さんなんだそういう求める気持ちも感じられていいんです。
拓実もはじめは、突然現れた時生を不審に思う気持ちが強かったんですが、時生がそばにいてくれることで、少しづつ変わっていきそのことを自分でも自覚していくんですよね。
「それまでの自分は、誰かの気持ちを真剣に受け止めたことはなかった。
でも、時生の言うことには気持ちがゆれるようになっていた」

好きだったシーンに、名古屋で拓実の実母に会った後、時生と拓実でキャッチボールをするシーンがあります。
ここで2人は別れるので、お別れにということで時生のお願いでやるんですが、
時生は小さい頃お父さんとやったキャッチボールを思い出して「やっぱりいいな」って。
そして、拓実はその前日の晩言われた、「僕はあなたの息子なんだ」という言葉を信じられはしないものの、一瞬自分の息子とキャッチボールをしているようなそんな感覚を覚えます。
「キャッチボールって、ボールだけでなく相手の気持ちも受け入れているような気がするんです」

時生と拓実の気持ちが寄り添っていく一歩になるようなそんなシーンで、とっても好きです。


これから、最後の結末にどう向かっていくのか、2巻目借りてこようと思います。



ところで、この作品2004年の夏、8月から9月にかけて放送されたものなので、もう5年前ですね。
翔くんも、太一くんも若い
翔くんは、ちょうど1回目の24時間テレビをやっていた頃、「いざっNOW」のツアーの頃なんだなんて思ってみていました。
髪の毛茶髪だし、顔の感じもまだ幼い感じが残っていて。まだまだかわいいな(もちろん今もかわいいけれど、顔の印象は随分変わりましたよね。いつくらいに一番変化しているのかな?? 今はどっちかといったら男前度がアップしていますから)


太一兄さんは、50歳と25歳の二役なんですが、50歳の方ははじめ目を疑ったくらい、老けた感じをうまく作っているなって思いました。


あと、HPを探してみて、5年たった今もHPが開設されたままで、DVDを見た人の書き込みが続いていました。(そういう作品だということも、うれしいなって感じました。)


web拍手を送る
 





NHK 「トキオ 父からの伝言」公式HPより

第1週『25年後の息子
  現在(2004年)。宮本時生(櫻井翔・19)は重病で生死の境にいた。父・拓実(国分太一・50)は、昔「未来から来た息子」に会ったと言う。1979年、喧嘩で負けた拓実(25)をトキオ(19)が家まで送ったのが二人の出会いだった。拓実は千鶴(富田靖子)のヒモのような生活をしていた。ある日突然、千鶴が姿を消した。茫然自失の拓実の前に、謎の男・イシハラ(伊武雅刀)が現れ、「千鶴を捜し出せ」と脅迫した。トキオは、「千鶴さんを探しに行こう。僕は未来から来た、あなたの息子なんだ」と言った…。

第2週『消えた恋人を探して
  拓実(国分太一)とトキオ(櫻井翔)は、失踪した千鶴(富田靖子)を探して名古屋に向かった。まず、拓実の母・須美子(風吹ジュン)を訪ねた。須美子は「昨日、千鶴が来たが、行き先は知らない」という。途方にくれる二人のところに、千鶴から電話がかかってきた…。






第3週『大阪・真夏のふたり』
  拓実(国分太一)は、千鶴(富田靖子)を探して、心あたりを歩きまわった。トキオ(櫻井翔)と合流した拓実は、千鶴の友人・竹美(保田圭)に教えてもらい、ホルモン焼き屋でバイトをしながら、千鶴が来たという質屋を張り込んでいた。ようやく千鶴をみつけた瞬間、千鶴は何者かによって、車に押し込まれ…。

関連記事
スポンサーサイト



2009.07.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/285-aacb0a04