FC2ブログ

実は、今日お台場に行ってきましたよ。
残念ながら、お台場合衆国を目的に行ったわけではなく、家族で映画に行ったんですが、フジテレビ前を通ったので「VS嵐」のブース、通りがかりにちょっと外側から拝んでまいりました(笑)




お台場合衆国自体は、朝嵐のようで、午後まで雨が残っていたにもかかわらずすごい人でした

あとね、「スマイル」のきりんもみえましたよ。
ホント、ドラマの通りきりんだって思ってしまいました



今日は朝から、お世話になっているブログ様の記事で翔くんの選挙特番のニュースを知りました。
詳しくは、スポーツ報知

8月30日の総選挙の日、NNN系列の選挙特番の第2部(0時15分~)への出演が決まったようですね。
この話をきいた時、日テレのスタッフに感謝の気持ちでいっぱいになりました。 それは翔くんを大事に使ってくれている気がしたから。
翔くんを視聴率獲得、視聴者拡大ののひとよせパンダ的(まあ言い方は悪いけれど)に使うのなら、コンサート終了次第第一部にかけつけてっていうのもありだと思う。
でも、第2部っていうことは、選挙結果についていろいろ検討するセクション。
もっと腰を据えてという感じですよね。
そのために、政治部の方たちからのレクチャーもあるようだし、若者代表としてその前から取材もするようだし、お飾りではないポジションがあって、それにむけてのサポート体制もあってというのが、とても恵まれているなって。

もちろん、これまでのZEROでの積み重ねがあってのことで、よりZEROスタッフ、報道の関係の方たちも翔くんを育てようとしてくださっているのだなと思いました。

翔くん自身はコンサートもあって本当に大変だと思うけれど、やる以上徹底して頑張る人だし、とにかく体に気をつけて頑張ってほしいなって思います。
潤くんの誕生日、国立最終日で、終わった後みんなでゆっくりお疲れ様ができないのは残念だと思うけれど、9時終了で、3時間くらい余裕があるし、切り替えて両方とも頑張ってほしいです。(きっと、はたでハラハラするくらい頑張るだろうから、これ以上頑張って!と言わないで、無理しすぎないで!と言った方がいいのかもしれませんがが・・)



オトノハにもありましたが、今日のZEROでは、昨日の長崎の原爆記念日に合わせて関連の取材。
翔くんの思いがこもっていて、すごくいい取材でした。

私自身今回見ていてハッと気付かされたことがありました。
それは、高校生の発言や、翔くんのコメントの中で、今まで被爆者の方が、その経験を一生懸命語ってくださるのを見て、語ってくださるのが当たり前的な感覚がどこかにあったと思いますが、話すたびにつらい思い出と向かい合い、そのつらさ、怖さを乗り越えて、それでも伝えなきゃという気持ちでやってくださっていることなんだということ。何十年たっても、甦ってくる、それだけつらい経験なんですよね。だからこそ、そういうことが二度と起らないようにという気持ちが、それだけ強いんだってあらためて思いました。
そういうことに気づかせてくれた、取材だったり、翔くん自身の率直なコメントにありがとうという気持ちです。

私自身が、父や母に戦時中の話をたまにきくことはあっても、リアルに感じる機会は限られるので、こういう折に触れて考える、感じる機会があるのは大切だなって思いました。


今回のオトノハは、あと先日のバレーボール中継の特別ゲストだった時のこと。
そういえば今日のHEY×3で、NYCのバレーつながりで昔の映像でていました。



関連記事
スポンサーサイト



2009.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/333-98c4db2b