上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

夕方、用事で渋谷に行ってきましたが、タワーレコード、HMV、TUTAYAのどこに入っても、嵐のベストアルバムが流れていました。ちょっと嬉しくなっちゃった。
もちろん、店頭にあるのは通常盤のみですが、TSUTAYAで通常盤をみていた人、2人とも20歳前後もしくは20代前半くらいの男の人。
そのくらいの男の人もちょっと気になって手に取る感じなのね、と思ったらそれもまた嬉しくなっちゃった。
お世話になっているブログ様のところで、渋谷のタワーレコードで、ちょっとした嵐展をやっているとあったことも、思い出して、見てきました。




「時代」のプロモーションの時にタワーレコードにきたみたいで、その時展示に使っていたメッセージと写真、5×5の時のポスターに書いたメッセージなどなど。ほんの少しですけれど・・・。でも、若いお嬢様方にまじって写真をとるのは、ちょっと恥ずかしくって、なんかあせっていたら、結構失敗しちゃいました(あーあ)



それでは、DISC3の続きです。

「夏の名前」
これ、大ちゃんのセレクションなんですね。「リーダーがこの曲好きですよね」(byニノ)って周りも知っているくらい好きなんですね。
私も大好き、私は、アルバムの中では「ONE」が一番好きなんですけれど、今回ONEの中で大好きな4曲が全部入っている。(ひとつは「サクラ咲け」なんで、DISC2ですけれど・・)
すごく、明るくってPOPで、ラップとのバランスも好き。翔くん達みたいに、田園風景の中を走るバスのイメージではなかったですけれど(笑)

「Oh Yeah!」
「Time」も最初に嵐に入門したアルバムなのでとても、思い出深いんですけれど、「Time」の最初の曲で、この曲のおかげで嵐がどんどん好きになっていった気がする。
「自転車の後ろに 君の体温乗せて ・・・・」の歌詞がすごく、その風景がうかんできて、そして「もう一度あの日に戻るとしても 同じ路 選ぶだろう」でこの部分だけは、今までは恋愛ぽい感じなのに、なぜか嵐メンの心情として、受け取ってしまっているんですよね(脈絡としては、おかしいんだけれど・・)
これも、ニノセレクション。

「Re(mark)able」
潤くんセレクションなのかな。
これは、もう去年の国立の思い出ですね。聖火台の上から登場して、この曲が響いてきた時は、鳥肌モノだし「キャーッ」っていう感じだった。
翔くんが、2ndの「Theme of ARASHI」「COOL~」それにこれとRAPが繋がっていると書いていましたが、もちろんそう思っていたよ。
この曲はあと、DVDのレコーディング風景を思い出して嬉しくなります。


今晩はこのへんで。
残りは明日、一気に書きたいと思っています。



ベスト盤の感想 その1  その3 その4






 

関連記事
スポンサーサイト
2009.08.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/341-511994ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。