FC2ブログ

「南極料理人」をみてきました。前に何かの映画評でとりあげていて、ちょっと面白いかな、堺雅人さんだしな・・なんていうくらいの軽い気持ちで観に行ったのですが、すごくゆるい雰囲気の中、笑って泣けてとっても楽しめた映画でした。
監督の沖田修一さんは、商業映画第1作目だそうですが、これからが楽しみですね。


●「南極料理人」
   監督 沖田修一
   出演 堺雅人・生瀬勝久・きたろう・豊原功補
   ★★+(面白かったです、おすすめ)

「南極料理人」公式HP


ストーリーは、すごく単純。南極の昭和基地よりもさらに内陸のドームふじ基地。生物もウイルスも生存できない(だから風邪もひかない)極寒の地で1年半の越冬生活をおくる8人の男たちの日常を、描いたもの。実際に南極観測隊員で調理を担当していた西村淳さんの「面白南極料理人」というエッセイが原作になっています。

人間って、やっぱり究極は食なんですね。極寒の地での限られた生活の中で、いかに過ごしていくか、食べるっていくことは最大の楽しみとなっていて、そこでの料理人の役割はとっても重要なんです。
そして、閉じられたスペースで8人の男だけですごすとどうなっていくのか、また日本にいる家族や恋人との関係も描かれています。

原作もおそらく面白いんだろうと思いますが、人間って愛すべきものだなってしみじみ感じる映画です。本当に、実際ありそうだよねっていう様子をたんたんと描いているんですが、隊員8名のそれぞれのキャラがたっていていいんです。
ふだん、おだやかでゆるーい雰囲気のタイチョー(きたろう)が、夜食に楽しみにしていたインスタントラーメンが底をつきてしまったことでおこす変調。雪氷サポートの兄やん(高良健吾)の彼女との電話の様子。調理担当西村(堺雅人)の娘や妻とのやりとりや、満足そうに食事する隊員たちをみつめる優しいまなざし。などなどなど・・・。
映画をみて、たくさん笑ってあたたかい気分になりたい時、おすすめです。


音楽がユニコーンの阿部義晴さん、そしてエンディングテーマがユニコーンの「サラウンド」
ユニコーンがやっているって知らなかったのですが、最後エンディングテーマが流れた時、何か気分ととてもマッチする曲でいいなっていう感じがしました。




 

今日は、友達と3人で観に行ったのですが、その中の一人が今日お誕生日で、映画を見た後、ごはんを食べてその後ケーキを食べてお祝いしてきました。
渋谷だったので、LOFTの横にある「コムサコムサカフェ」のタルトがおいしそうだということになり、入ってみました。どれもフルーツをふんだんに使ったタルトで、とってもおいしそう。私はストロベリーのトライフルのタルトを食べましたが、甘すぎず、ごはんで結構おなかいっぱいだったのに、ペロッと食べちゃいました。
後から、写真とっておけばよかったってとっても後悔。








 

関連記事
スポンサーサイト



2009.09.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/369-1f008a44