FC2ブログ

昨日、福岡Yahooドーム、無事に終わったようですね。
抜き打ちで札幌以降のドームの当落昨日の晩からはじまっているようですが、相変わらず私は繋がっておりません。
早く知りたいし・・・でも、知って悪い現実に打ちのめされるのもつらいし・・・・
だめよね・・良いイメージを持って電話をしたら、いい結果がついてくるかもしれない!なるべくプラスオーラで良い結果を引き寄せなきゃね。
当たりますように
ということで、ニノのブランチの番宣もうまく捕獲できて、さっき見ました。(午前中は、塾の保護者会で、あーあって気分は滅入っていたんだけど・・・ニノが舞台仕様の髪型でたくさんしゃべっているのを見て、回復 簡単よね、私って)


前置きはこのくらいです。

先日やったA面シングル編に引き続き、「嵐、無人島に持っていくならこの10曲」(シングル以外編)をお届けしたいと思います。(A面シングル編は、こちら。よかったら、みてくださいね)

って、勢い込んで挙げ始めたものの、シングル以外ってものすごく膨大な曲数でいろいろ気になるものが多すぎて10曲に絞るってすごく至難の業だっていうことに、やりはじめてあらためて気がつきました。

何とか10曲絞り込んではみましたが、今回、選にはもれたものの捨てがたい曲のご紹介をあらためてさせていただこうかとも考えております。


それでは、

嵐名義のA面シングル以外から選ぶ10曲

1. COOL&SOUL (ARASHIC)
2. 5×10 (5×10 ALL the BEST!)
3. すばらしき世界 (One)
4. YES?NO? (One)
5. Oh Yeah! (Time)
6. ALL or NOTHING Ver1.02 (Here we go)
7. 夏の名前 (One)
8. Still...(シングル「Happiness」カップリング)
9. Lucky Man (How’s it going?)
10. CARNIVAL NIGHT part2 (ARASHIC)
次点 Attack it (5×10 ALL the BEST! 通常盤のみ)


見て、お気づきの方、お感じの方も多いかと思いますが今回のベストの初回のDISC3と6曲もかぶっているじゃないかとか・・・突っ込まないでくださいね。
それだけ、あのDISC3のラインナップを見た時、私の直球ど真ん中だったということなんです。
そして、あと残りの曲もコンサートには欠かせない曲だったりして。
だから、今回選んだものは、シングルカットはされていないものの、私とってほとんどA面シングルと同じ存在の曲達です。


だから、もう少し私の趣味がもろ出る感じのラインナップも考えたくて・・続きをやろうかとも思っています。


前に、DESC3の感想を書いたのとも若干かぶるかもしれませんが、
(よかったら、こちらへ ベスト盤その1  ベスト盤その2  ベスト盤その3 


1.「COOL&SOUL」
とにかく、この曲好きですね。メンバー全員で順番に交代していくラップも好きだし、ピアノやブラスの音の入り方もすごくかっこいいと思う。
翔くんラップを書く中で、以前の楽曲の好きな言葉を一部もってきたりするのよくやるけれど、そういうワードがあちこちにあって、それが「Re(mark)able」とかにも引き継がれていますよね。
「Re(mark)able」もかっこいいけれど、やっぱり好きなのはどっちときかれたら、だんぜん「COOL&SOUL」かなって思います。


2. 「5×10」
単に、今回10周年のメッセージソングだからとかそういう思い入れをぬきにしても、曲としてすごく優しくて好きです。そして、歌詞はね・・・何度きいてもききながら、目が熱くなる。
あと、5人の歌い方がとにかく優しい、心臓をそっと優しく包まれているようなそんな感じ?(たとえが、変ですけれど・・)
最初のAメロっていうんでしょうか、そこで「so」とか「yeah」とか合いの手がはいるじゃないですか、その声の柔らかさもキュンってするしね。
途中メロディとラップが重なって歌うサビの部分、嵐のこういうメロディーとラップの重なる感じってすごく好き。その後の大ちゃんソロのハリのある声もいいしね。
文句なく、好きですよ。


3. 「すばらしき世界」
メロディーが印象的で、Rapもあって。大好きな曲です。
嵐の曲って、大ちゃんの歌唱力に負う部分って多いとは思うけれど、それと同じまたはそれ以上に私にとって大きいのが翔くんのラップ、こういうメロディーのきれいな曲にいれる、やわらかい感じのラップも、あの低音にうっとりしちゃう。
合いの手もいいし、ユニゾンでしっかり歌っているところも、5人がソロで流れているところも好きです。


4. 「YES?NO?」
たたみかけてくるリズムと、疾走感がありながらちょっと切ない感じもあるメロディーが印象的。高揚感があって、それでいてキュンっていう気持ちになれる曲だなって何度きいても思います。コンサートでのポイを使った演出がとってもかっこいいんですよね。途中のラップ部分も大好き。


5. 「Oh Yeah!」
「Time」の1曲目。DISC3の感想のところで、歌詞のことにふれましたが、「「もう一度あの日に戻るとしても 同じ路 選ぶだろう」は、翔くんもいろいろなインタビューやらでこのフレーズをだしていますよね。
テンポがあって曲調も明るくて、きいていて元気になれる曲です。


6. 「ALL or NOTHING Ver1.02」 
無条件に、かっこいいなって思うんですよ。
途中入る、メロディもすごくアクセントになっているし。
こういう感じのものって、もう嵐の曲としてはあまり入ってこないかなとも思うんですけれど、コンとか、翔くんソロとかでやってほしいなって思います。
これ自体をアレンジして、2009バージョンとかそういう感じで遊びでやってくれると嬉しいんだけど。


7. 「夏の名前」
 これも「Oh Yeah!」と一緒で明るくてPOPで、すごく前向きな気分になれる曲です。自分でこうやって改めて並べると、テンポがよくて明るいメロディのものが基本好きですね。



8. 「Still...」
Happinessのシングルを一時期かなりきいていたので、すごく耳になじんでいることも確かなんですが。ラップ部分が結構長くて聴きごたえがあるし、ラップとメロディのうつりかわるところも、それぞれのソロもいいですよ。
嵐の曲って、何度もきいていて、その良さが体にしみてくる感じのものが多いんですが、これはそんな曲の代表みたいな感じもあります。


9. 「Lucky Man」
コンサートには、欠かせない曲ですよね。
すごく、勢いのあるラップもメロディも好き。
ちょっとおバカっぽい言葉の使いかたとかもね。
無条件に楽しくなれる感じがあります。


10. 「CARNIVAL NIGHT part2」 
これもコンサートにはずせない曲ですよね。アルバムの中できくより、DVDで、もっといえば生でききたい、一緒に歌いたい、踊りたいんですけれど・・・、単に盛り上げ曲だよねっていうことでなく、メロディーもキャッチーで曲として好きです。



次点の「Attack it」
ベスト通常盤のボーナストラックです。曲調も歌詞もこういう攻撃姿勢の嵐が好き。
コンですごく盛り上がる曲でした。


こうやってみると、One、ARASHIC、Timeの頃からのものが多いですね。
すごく、好きだけど今回は入れられなかったものもあるので、「シングル以外 第2弾」も近々やりたいと思います。その時も、よろしければお付き合いくださいね。




 

関連記事
スポンサーサイト



2009.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/381-9ff9244d