上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

「0号室の客」 1st story「憧れの男」第2話「es」です。

2話目も、あの不思議~な雰囲気と、妙にコミカルな大ちゃんと、内輪ネタ満載な感じが深夜っぽくていいですね。
そうそう、これって堤幸彦さんのオフィスクレッシェンドが制作に入っているんですよね。
嵐くんたちとの関わりでいけば、ピカンチですよ。
うんうん

前回、自分の点数が38点とでて愕然としたエリートサラリーマン マツダヒロユキ(大野智)、自分よりもはるかに劣っていてつり合いがとれないと思っていたキャバ嬢の恋人カツラギミユキ(田中美保)は68点で、どうしても納得がいかず、もう一度やり直すも同じ結果。「壊れている!」とフロントに文句をいいにいくが「壊れていない」と取り合ってもらえないばかりか、かつてドイツで行われた「es」という実験の話をされて。
また、ミユキは、点数が悪くてカリカリ動揺しているヒロユキをみて、今までは何をやっても全部ステキに見えていたのに、全然ステキにみえなくなって・・・・。

この、「es」っていう実験なんですが、一般人を20人集めて、半分を囚人、半分を看主にして2週間一緒にすごすっていう、ドラマの中ではエッセンスのみしか話していなかったけど、そういう映画があるそうですね。そして、もともとはそういう人達でないにもかかわらずその役割の精神状態になっていって、ちょっとしたきっかけをもとに惨劇がおこるっていう話らしいですが・・。

学歴とか、勤め先とかそういうみかけのもので、印象というのはいかにも変わりうる、そのへんの描き方がわかりやすくコミカルで面白い。

大ちゃん演じるエリートサラリーマンも、ホントちっちゃい男で、またそのちっちゃいっぷりがフフッて笑えて、うまいんですよね。

でも、何がツボかって、ミユキが今まで何をみてもステキだと思っていたのに
「何でこんなに日本人離れして黒いの?」(嵐ファン、大うけですよね)
「もみあげクリクリしているじゃん」(エッ、これは私は気が付いていませんでしたが・・)
って、何でこんな男をカッコ良く思っていたの?って思うところ。
「黒い」では、思わず噴き出しそうになった。

あと、壁にシェフとホテル関係者の写真の額がかけてあるんだけど・・何気に潤くんがいたりとかね。

小ネタも満載で嬉しいです。

ストーリーの展開もだけど・・・来週は何をしこんでくれるかな・・そんな楽しみもある0号室です。


番組HP

0号室の客 1stSTORY「憧れの男」 #1 * #2 * #3 * #4 

 




関連記事
スポンサーサイト
2009.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/441-b7d652a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。