上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

マイガール 第5話です。
いろいろお騒がせしていた諸事情により、第4話は書きかけのままストップ状態。
で、何か自分でも今更別エントリーでおこせるかなあ??なーんて思っているのですが、第4話の感想は、とりあえず置いておいて第5話にいきたいと思います。

今回のテーマは、家族と仕事のバランス もしくは マネージャー林さんのプライベート??

正宗(相葉雅紀)は、賞に入選した同僚を横にみながら、応募もできなかった自分に複雑な気持ちかかえている。また育児と仕事とのバランスの中で、自分が何をしたいのか、どう進んで行ったらいいのかが 混とんとしていてそのことが頭から離れない状態に。一方、コハル(石井萌々果)にしてみれは、何でも話そうといったはずなに、一人で考え込んでいる正宗は「うそつき」に思えて、正宗に対して怒りモード。

一方で、今回秘密主義の林(北村有起哉)のプライベートが明らかに。林はカメラマンとして結果も残しつつあったが、現在は外資系の金融機関で海外出張も多く忙しい妻に代わり、家事と育児を引き受けるため、カメラマンからマネージャーに転身。カメラの道を断ち切っている。

そして、今回はその林家の家族の絆の話と、その家族写真をとる林のアシスタントを正宗が務めたことで、コハルの笑顔のためにも、自分自身が満足できる(カメラマンにチャレンジしていく)という道を正宗が選び、コハルちゃんと仲直りするまで。


今回、私的には、何がツボだったかって林家の話ですね。
子ども達もお母さんのことが大好きで夫も支えてくれていて(恵まれている状態ではありますよね)、そして自分は仕事が忙しい中必死で娘へのプレゼントを選び、会議の合間に誕生日の娘に電話して。
でもかけてもらった子どもの方は、「ありがとう・・今、忙しいからまたね!」って。
そして、家族の中で自分の居場所がなくなってしまうような焦燥感にかられて、いてもたってもいられず香港から帰国して・・。
何か切なくて涙がでちゃった。自分にとって、家族も大切、仕事も大切。ましてや、夫が自分の道をあきらめて、仕事をしている自分を支えてくれていると思ったら、嫌でも頑張らざるをえない状態。でも、そうこうしているうちに、突然家族の中で自分の居場所がなくなっちゃっているんじゃないかっていう焦りに駆られて。
やっぱり、毎日顔をあわせ同じ時間を積み重ねられないのは、ハンディだからその部分をどう繋いでいったらいいのっていうことはありますよね。(まあ、一緒にいたって心が離れている場合もあるけれど)
実は、本当にこの話とリアルに近いことが友達の身にあって。
彼女は一人娘を産んで以降も、すごくハードで忙しい仕事をこなしていて、ご主人の方がどちらかといえば定時で帰れる職場だったし、お姑さんとも2世帯だったこともあって、もちろん家族のこと子育ても頑張っていたけれど、仕事もあまりペースを落とすことなく頑張っていた。そして娘が中学の時に離婚しちゃったんだけど・・理由を聞いた時、早朝出かけて、深夜に帰ってきてという生活が続くうちに、ここに私は必要ないんじゃないかって思ったって言っていたんですよね。もちろん、離婚の理由はそれだけでなくいろいろなんだけど。
林家ではそこでもう一度絆を再確認することができたからよかったけれど、そういうお互いの気持ちを確認できないまま、気づいたらすごく遠いところに心がいってしまっていたり、いってしまっていると勘違いしてしまっていることって多いのかなあって思うんですよ。そして気づいたら、自分の居場所がなくなっているみたいな・・。

またね林自身も、今回妻の悩みを聞き、そして自分の手で家族写真をとることを通して、自分は妻の犠牲となってカメラを捨てたのではなくて、子ども達の成長を自分の目に焼き付けたかったから今の道を選択したので、それに対しては後悔はないんだということが再確認できて、この話もなかなか良いなあって。(嘘っぽいって思う場合もあるかもしれないけれど・・私はそういう選択肢ってありだなって思う人なので違和感はないですね)

仕事を優先させることが、もしくは家庭を優先させることだけが「偉い」とか「幸せ」っていうんでなくて、どういう状態が幸せかってホント人それぞれだと思うんですよね。
そのバランスの具合だって、ある人にとっていい状態は、他の人にとっていいかどうかはわからない。
でも、自分で納得して選びとれることが大切かなあって本当に思います。悩むし、試行錯誤もするだろうけれどね。

だから、今回自分の気持ちと状況に素直に反応して、自分の道を決めている林さんがすごくステキな人に見えたし、特に家庭内での様子がとっても温かくって良かった。彼は自分で選びとっているから、情けない感じとか全く無いもの。

そして、そういう林さんとか周りの人に接しながら、一歩一歩少しづつ前を向いていく正宗、ガンバレって思う。(その、たちどまったり、前進もちょっとづつのテンポ感も相葉ちゃんにとってもあっている気がします。)



これまでの回の感想は↓↓

マイガール 第1話 * 第2話 * 第3話 *  第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 第9話 * 最終話

関連記事
スポンサーサイト
2009.11.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/449-0a34411b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。