上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

札幌も、札幌ドーム史上最多の観客動員数で、ハイパーな盛り上がりだったようですね。コンレポめぐりをしていて、天井までぎっしり入ったお客さんと、普段よりも男性比率の高かったお客さんに大喜びしていたという彼らの話を読んでいたら、何かウルッとしてきてしまいました。

全くの私ごとですが・・、中3の息子が土、日と生まれて初めてのライブ経験。代々木体育館でのm-floに2日続きで行ってきました。初めは、私も一緒に行こうかなって思っていたけれど、嵐のドームコンも控えているし(まだ、その時は当落発表になっていなかったけれど、あたりますようにの願いをこめて)、まあ受験生おいて母と兄で遊び歩いているんじゃ、ちょっとだし。
本人大興奮、大満足で帰ってきておりました。
今朝もはやくDVD出ないかなあって言っていて。母は横で「そうでしょう、コンサートっていいよねえ。」「しばらく余韻に浸っちゃうよ。(でも、授業はちゃんときいてね)」と、アラコンに思いをはせておりました(笑)

私のライブデビューって高校生になってからだったと思うんですけれど、それから今日まで結構いろ~んなライブに行っていますが、それぞれのアーチストでの楽しみ方があり、でも楽しさ、感動、ワクワク感ってどれもそれぞれにあって。そんな楽しさを息子が体感して、満喫してくれて、嬉しいなあって思っていました。ちょうど10月が誕生日なので、プレゼントかわりに2日間のチケット代だしてあげたんですけれど、何よりのプレゼントになったなって思っています。


それでは雑誌ごと。相葉ちゃん表紙のオリスタです。
今回嵐がやまほどなんですが・・
相葉ちゃんのインタビュー&写真 9ページ
「マイガール」PVの記事 2ページ
secret ARASHIはニノ 2ページ
潤くんのケンタッキーCM記事 1ページ
嵐トンガリコーンCM記事 1ページ
翔くんの震災SPドラマ記事 2ページ
その他「VS嵐」「うたばん」記事、DVDも50万枚突破ということでとりあげあられているし・・・嵐満載でした。

相葉ちゃんの写真は、すごくきれいでかわいい
何か痩せているせいもあるけれど、そして正宗くんの役柄何となくひきづっているせいもあるけれど・・すご~く繊細で、優しげでキュートです。どの写真もよいよ。
テキストもよかったです。相葉ちゃんの優しさ、誠実さ、細やかさがすごく感じられた。
「今は何かを入れるひまなく出す一方で」って言っていたけれど、この大変な時を乗り越えて頑張ってねって思います。マイガールは終わったら、嵐のSPドラマの収録もあるんだろうけれど、年が明けたら少しリフレッシュしてほしいなあって思います。

翔くんのSPドラマの記事、あんまりこれについてはちゃんとチェックできていなかったので、読めてよかった。
報道カメラマンっていうことで、もちろん役柄なんだけど、素の翔くんとちょっとオーバーラップする感じがしました。そういえば吹石一恵さんと共演ですね。吹石さんとってやまたろでも共演しているし、潤くんともバンビーノで共演しているし嵐メンと一緒の機会が多いですよね。

このドラマは、翔くんにとって今の等身大の感じもあるのかなあと思うし、シリアスなお芝居だと思うのでまたこれまでとは全然違うから楽しみだなあって思います。


そして、オリスタ続きで番外編
BOOK IN BOOKが小栗くんの特集で、東京DOGSやCM関係の記事と一緒に、初監督作品の「シュアリー・サムデイ」の記事もありました。
映画撮っていることは知っていたけれど、あまり細かい情報はチェックしていなかったので、これも嬉しい。
小栗くんの高校生時代の友人との話がベースになっているんだって知って、ちょっとテンションアップ。
小栗くんの高校時代の親友達との関係って結構いろんな本の中でも語っているからファンの人には有名だと思うんですけれど、すごくお互い刺激し合う良い男友達っていう感じなんですよね。
デザイナーになったお友達とは、コラボ企画をやったりして一緒にいろいろ作るっていうこともやっているし。
主演は、小出恵介くん、主要キャストには勝地くんも入っていたり小栗くんの気心のしれた同世代(ちょい後輩?)たちがでている感じでしょうか。あと、妻夫木くんとか、ナイナイの岡村さんとかもでるのね。
ジャニーズはちょっと出るとかは、Jスト制作でないと難しいのかもしれないけれど、潤くん、トーマくん、ニノとも仲良しだしちょっぴり出てくれたら、楽しいのになあ。
 


11月3日発売だからもう発売になって2週間近くたってしまう「H 嵐NOW AND FOREVER」感想を書きたいんだけど、うまく頭の中がまとまらなくて、あきらめモード。
5人のつなぎ姿の写真は、POPで楽しそうで彼ららしくて、CUTEでよいのはもちろんのこと、上田智子さんのテキストがいいんですよね。今回、個々人へのインタビューですが、それぞれに対する切り口が、嵐のこと好きでよくわかっている人だよね・・というのが伝わってくる。始めて、読んだ時は、特に翔くん、ニノ、潤くんは目頭が熱くなる感じがした。
で、あまりにも、いろいろありすぎてどこから何を言っていいのかわからないので、また個々については、ちょっとずつとりだして書ければ書いていきたいなって思います。

翔くんの「FINE BOYS」は買おうかどうしようか迷ったけれど、立ち読みでおいてきちゃった。
記事は大学生くらいに向けての感じでしたね(そもそも、FINE BOYSってターゲットがそれくらい?)
写真は、ステキだったけど私のど真ん中っていう感じではなかったので。



関連記事
スポンサーサイト
2009.11.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/463-9f208b05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。