上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

金曜日の「マイガール」第7話です。

今回は、保育園のママ友はるかさん(平岩紙)の話。はるかは、夫と離婚し新太を育てるシングル・マザーですが、離婚の時親権を得た条件が定職についていること。そして、はるかの勤める旅行代理店が倒産してしまい、好きあらば、新太を手元におきたい元夫やその母から、新太をひきとりたいと責められることに。新太を渡さないためにも、職を見つけなければならないけれど、シングルマザーに対する世間の目は厳しく、就職活動は難航。
元夫や姑からの攻勢や、うまくいかない就職活動に落ち込みがちなはるかを正宗相葉雅紀)はひとごとと思えず、一生懸命支えます。そして、はるかの方ではそんな正宗にちょっと胸キュン。
しかし、一方で正宗は自分はずっと陽子(優香)を思い続けていてその気持ちに変わりはないものの、いつかは他の人を好きになるかもしれない、はるかのことも好きなのか??そんな自分にとまどいも覚えています。
まあ、就職もうまくいったはるかとは子育ての戦友同士ということで落ち着くんですけれど。

いろいろ、心にしみる場面が多かったです。

お姑さんに言いたい放題言われて、ズタズタの気持ちになって最終面接も気持ちが折れてすっぽかしてしまって・・・、こどもにもあたってしまうはるかに正宗が「自信をもってください。はるかさんは僕が知っている中で最高のお母さんですから」
こういうふうに、心が折れて自分を支えることが難しい時に、「あなたは大丈夫、最高だよ」って言ってもらえるって、本当に慰められるよね。
心が折れまくっている時って、自分の力だけで回復するのって難しい。
誰かから、そんなふうに支えてもらえるだけで救われたりすること多いもの。
私が大好きな矢野顕子さんの歌の歌詞に「お母さんもたまにはいい子いい子してほしい」って言う歌詞(ごめんなさい、細かい言葉づかいは違うかも)があるんですが、気を張っていつも元気にみえるお母さんだって、たまにはいい子いい子してもらって、無条件に「今のあなたでいいんだよ」って言ってもらえる時がほしかったりする。
それを思い出しました。

あと、コハルちゃんが正宗のお誕生日祝いをする場面。
「ママが正宗くんのお誕生日はとっても大切な日って言ってました」
陽子さんは、コハルちゃんを1人で育ててきたけれど、実は正宗と一緒に育ててきていたのね。
陽子さんとコハルちゃんとの会話の中には、いつも正宗くんがいて、だからコハルちゃんは正宗に会ったことがなかったけれど、陽子さんを通してすごく身近な存在だったんだろうなって思います。
そして、今は正宗とコハルちゃんの2人だけど、意識の上では3人なのよね。

あとね、高ちゃんの「もし、おれがおまえだったら陽子さんのことは絶対に忘れない。でも、きっといつか他の人を好きになる。悲しいけど生きているってそういうことだと思う」 この言葉にもちょっとジーンときました。
そしてその後夢中で自転車を走らせる正宗くん、とまって涙をこらえている正宗くんをみていたらこっちがうるうるしてきちゃった。


し・か・し
正宗くんは罪な男だなあ・・・。
だって、そもそもあんなかっこよくって、優しそうな上に・・・
元気づけるために、自分のとった写真で癒し系のフォトアルバムを作ってプレゼントしてくれたり、
心折れている自分をそのまま受け入れて「最高のお母さんですよ」なーんて、その時一番欲しい言葉を言ってくれたり、
思わず泣いちゃった自分に「見ていませんから」って思いやってくれて。

心が弱っている時にこれをされて好きにならない女子がいたら、お目にかかってみたいものだわ。
設定として、本人は当初ほとんど無自覚にやっているんだものね。
こういう感じが、女性の方に私の方がしっかりして守ってあげなきゃと思わせるのでしょうね。

残りは3話、来週も楽しみにしています。


これまでの回の感想は↓↓

マイガール 第1話 * 第2話 * 第3話 *  第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 第9話 * 最終話

関連記事
スポンサーサイト
2009.11.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/473-4ef5d7f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。