上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

昨日になって、今日の午前中、遊んでOKなことが判明して・・「そうだ!映画に行こう!」
ずっと、「ジェイン・オーステイン 秘められた恋」が観たかったんですが私が行ける範囲ではやっているのが日比谷のシャンテ1館のみ。それも、昼と夜の2回上映のみでしたので、時間的に無理で諦めました。
その代わりに浮上したのが、「理想の彼氏」 もともとラブコメディは大好きですが、私的にはとってもツボで、観に行って大正解でした。


 ● 「理想の彼氏」
    監督  バート・フレインドリッチ
    出演  キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジャスティン・バーサ
    ★★+ (アラフォーのファンタジー!?)

「理想の彼氏」公式HP


ものすごーくざっくり言ってしまえば、40歳の子持ちバツイチのサンディ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)が、16歳下のアラム(ジャスティン・バーサ)と恋に落ちる話。

サンディは、スタンフォードの大学院出だけれど一度の就職経験もなくずっと専業主婦で子育てをしてきて、それが夫の浮気が原因で離婚して自活しなければならなくなり、かつて憧れていたケーブルのスポーツ専門局にまあ運よく入ることができ、潜在能力の高さもあり少しづつキャリアアップをしていく。

一方のアラムは大学をでたものの自分のやりたいことがみつからずコーヒーショップでアルバイトをしている。グリーンカード目当ての女の子に騙されて結婚してしまうほどの、絵に描いたようないい人で、実家に住んでパパ、ママもかなり生活に介入してくるのを穏やかにかわしていたりする、どちらかといえば草食系?

そんな2人が、当初はベビーシッターと雇い主という関係からスタートするんだけど、歳とか立場とかを飛び越えてお互いが自分にとって大切な人ということに気づき恋愛に発展していきます。

もちろん、設定展開ともありえないと、つっこみを入れることは簡単だけど、でもそれでもこんなふうだったらステキというのが全部つまっている。ファンタジーですよね。

サンディはもともと夫の浮気が原因で離婚したけれど、そこではじめて、夫の前では考えていることがうまくいえなかった自分に気づき、自分のやりたかった職業も得て自分自身を取り戻します。でも、そこにいたるまでにはいろんなフラストレーションもあるわけだけど、そういう中で、当初はベビーシッターとして出会ったアラムに対して、彼の前ではありのままの自分でいられること気づきます。

この年になると、一緒にいてくれる相手は収入も容姿も大切だけど、ありのままの自分を受け止めてくれる相手ってとっても大事って思います。

自分自身の自由とキャリアも手に入れて、子どもいて、横に自分を魅力的だと感じてサポートしてくれる彼がいるって、ある意味夢のような話ですよね。

まあ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズだからこそ、16歳の年齢差をのりこえてすごく魅力的な女性に映っているということに説得力があるんですけれど。


映画としては、子ども達のちょっと大人ぶった辛口な感じも面白いし、紆余曲折はあるものの最後ハッピーエンドを予感させるエンディングなのも、後味がよくて好感が持てます。


そしてできれば、これ日本でリメイクしてくれないかしら?
年下の彼との恋ということでは、黒木瞳さんと岡田准一くんの「東京タワー」が浮かぶんですけれど、ああいう不倫の秘めやかだったり、ドロドロ系ではなく、もっとあっけらか~んとしたたくましさを感じるラブコメディ希望。

キャスティングは、
年下の彼はぜひ二宮和也くんで (あと、伊藤淳史さんとか、小池徹平くんとかとも思いますが・・ニノがいいなあ)
そして、子もちバツイチの彼女ですが、かっこいい感じでいけば天海祐希さん?もう少し生活感もだすなら真矢みきさん?なーんてどうでしょう。
強さも、ステキさもあると思うので。
(でも、ニノと天海さんの2ショットは浮かばないな・・・爆)

関連記事
スポンサーサイト
2009.12.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/489-55896eb9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。