上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

12月6日の東京ドーム3日目。感想中心です。

私の席は スタンド2階席1塁側5通路26列と、正面より若干ステージにむかって右寄りではあるものの正面に近く、でも天井にほぼかぎりなく近い席で、上から全体を見おろすような感じでした。
(普通のコンサートだとドームの2階スタンドの後方って最低なんですよね。前方のステージが遠すぎて、疎外感を感じることすらある。双眼鏡でもよく顔がみえない)
でも、嵐コンの場合はバックステージも、中央ステージも、メインステージとほぼ同様に使うし、周回も何度もまわってくれるから、遠さっていうのがかなり軽減される。
始まる前は、じゃあ今回は本当に会場全体を真上から見下ろしている感じだし、全体の様子を楽しめるなあなんて思っていたのですが。
始まってみたら、オペラグラスかぶりつきで翔くん追っちゃって(爆)、夏に買ったオペラグラスの性能がかなりよいので、あの距離でもかなりよく見えたせいもあるんだけど。会場全体どころか、気がつくと1点集中になりがちだったような・・・。

全体に、その1でも書きましたが、もう最初から嵐くん達もパワー全開だったと思う。

とにかくまずニノは大丈夫なのかなあっていうのが気になっていて、でも最初からすごくテンション高めでしっかり踊っていました。コンのニノは男っぽくて色気があってステキなんですよね~。
相葉ちゃんは、クランクアップで、何か解き放たれたのか、もうホントぴょんぴょん飛び跳ねていて(ふだんから、飛び跳ねていると思うけれど・・・いつにも増して、とにかく、相葉ちゃんは飛び跳ねていた)本当に楽しそうで、キラッキラしていた。
相葉ちゃんをみていると、本当にこういう人が「ザ・アイドル」なんだろうなって思う。
フロートカー(っていうの?)にのって、周回を回ってくる時も、私のいたへんですごく上の方まで見あげて手をブンブンふってくれて、すごく嬉しかった。
大ちゃんは、何かMCの積極姿勢が印象的。潤くんのお着替えの時とかすごく自分から攻めていっているんだもん。すごく、面白かった。
潤くんは、まあふだんからかっこいいんだけど、最初の挨拶の時12月を11月を言い間違えちゃったり、MCで大ちゃんに、お着替えさせてもらったり、ポンパだしなーんかかわいい感じもあり、それでいて決めるところは決めてホントかっこいい。
翔くんのC&Rは、ホント好き。毎度思うけれど、「上の方」とか「下の方」とかって言ってくれたりするじゃない。会場全体に目配りしていてくれているんだなっていうのを改めて実感します。
そして、曲の最後にカメラがきてスクリーンに顔をアップにされる時、いろ~んな変顔をしていて、それがすごーくかわいかった。
MCでも言っていた通り、最初からノリノリだったと思うけれど、特に後半の踊る曲ですごく大きく動いて踊っていたのが印象的。翔くん、踊ってるなあって思ったもん。

国立と比べてどうだったかなあって印象でしかないんだけど、何か今回踊る曲をしっかりみれた気がする。
特に、ウイキャン・CRAZY 中盤のステゴー(後半、縦並びになって踊る所、横並びになっていたような気がするのは、観る位置のせい?) ビリーブは、半端なくカッコ良かったです。

5×10前のご挨拶。なんかすごく心にしみました。

翔くん  「夢は見るためにあるんじゃなくて、かなえるためにやってきた」「これからは夢はかなえるために、夢をみていきたい」みたいなことだったと思います。
一歩、一歩こうなったらと思っていたものが実現して、それ以上の状態にまでなっていて(昨晩、去年の国立のDVDをみていて、国立は想定外だったからって言っていたなあって)。 「かなえるために夢をみていきたい」 なんか力強いなあって・・一緒にその夢についていかせて・・って。

大ちゃん Webでも書いていたけれど、「何かあったら言って」と言っていたのがとっても印象的。常に平常心の大ちゃんだからこそ言えることなのか、大ちゃんでさえそう戒めている嵐くん達の現在の状況っていうことなんだろうなあって。

相葉ちゃん、家に帰って顔洗って鏡をみると、顔が笑った状態で固まっていて、それがとっても幸せなことみたいに言っていました。
すごく、相葉ちゃんらしい。本当にコンサート中顔はもちろん、体全体が嬉しそうだし。でも私達もコンの後は負けずにニコニコの状態が続いています。

ニノ その1で、MC中の話って書いてしまいましたが、多分友達がみにきた話しはこの時だったと思います。(その1はこちら

潤くん 嵐という字は山と風からなりたっていて、以前のツアーの時は、目の前の山をみんなが起こす風でのりこえていけるって話したけど、これからはみんなの前の山を嵐くん達が起こす風で乗り越えっていって というような話だったと思います。

すごく5人5様で、じ~んときていたんだけど、最後の潤くんのでとどめで涙がでてきて5×10もなんかうるうるな感じできいていました。


セットリストは、最後アンコールの2回目がファイトソング・五里夢中・マイガールと3曲やり、最後3回目でARASHIをやったことが前日までとの違いです。セットリストは上げていらっしゃる方たくさんいらっしゃいますので省略です。

もうずっと盛り上がっているんだけど、ダブルアンコールは、もう最高!
五里夢中は、潤くんだけでなく、相葉ちゃんも3塁側の周回におりて走りまわっていた。
そしてラストは、ジャンプして終わるんだけど、もう何度も最後の音を繰り返してジャンプして。メンバーもみ~んな笑っているし。
そして、終わったらみんな息があがった状態になっていてました。
そして、その後そのままマイガールに。マイガールに入る前、息を整えないといけないくらいのハイテンションでした。

そして、トリプルアンコール前、嵐コールの中、スクリーンに5×10のバスタオルがみえて、ステージ裏にいる5人がメインクリーンに登場。
「楽しかったよ」って。マイガールで最後かなあって思っていたから、ステージ裏からの中継ででてくるなんて、それだけでもこれまで私はみたことがない展開で・・「エエッこれ、生中継の映像ってことよね~」って大興奮。お客さんみんな大興奮です。
そして、「えっ、何?」「まだやるの~」とか、スクリーンと客席でのやりとり、あおりになるんですよ。裏にいるけれど、客席の反応はちゃーんと伝わっているんですよね。何か、すごく新鮮なやりとり。
そして、曲はARASHI 5人が登場して。
何か、今回は51曲にこだわっているっていう話をあちこちでみていたので、あと1曲やってくれたのが、ホントうれしかった。
なんか、嵐もファンも完全燃焼っていう感じだったと思います。


MCに追記です。

アレルギーで、翔くんがリハがきつかったって言う話をしていて相葉ちゃんと翔くんがシンメなんだけど、相葉ちゃんがドラマの撮影でこれないことが多くて、一人でやらなきゃならないのはきつかった的な話をしていたと思います。


後は、名古屋を残すのみですね。5×10ホントにいいツアーになっていて、最後まで、トラブルもなくこの最高の雰囲気が続けばいいなあって思います。
私は、これで終了なんですが・・・早くくDVDがでてくれるといいなあ。


5×10ツアー東京ドーム12月6日 その1
国立初日行ってきました
国立2日目ぱーと1
国立2日目ぱーと2




関連記事
スポンサーサイト
2009.12.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/499-d4962306

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。