FC2ブログ
相葉ちゃんの「マイガール」も最終話。全編を通して、相葉ちゃんの優しさと繊細さが溢れていた作品だったなって思います。

前回の終わり、写真をやめて、コハルちゃん(石井萌々果)のために静岡に移住することを決意した正宗(相葉雅紀)。
まわりは、その決断に驚いているし、もったいなく思っているけれど、正宗自身が決めたことならって、受け入れていきます。さらに、もったいないことに、正宗の最後の仕事はカメラマン剣持(大杉蓮)のアシスタント、これは剣持がNYに拠点を移すにあたって連れていくアシスタントの選抜を兼ねたもの。入選した正宗の写真をみた剣持が、正宗を候補として指名、マネージャーの林(北村有岐哉)が、正宗には黙ってトライさせたのでした。スタジオで剣持の前で写真までとらせてもらって・・、結果は合格。でも、正宗は迷いながらもこと断ります。一方コハルちゃんは、はじめは静岡に行っても正宗くんは写真をやめないと思って、静岡行きを喜んでいたけれど、正宗の真意を知って、悩んで、そしてとうとう「正宗くんとは静岡にはいきません。コハルはおばあちゃんと静岡でくらします」って正宗に宣言します。
悩む正宗、でも偶然みつけた写真の裏にかかれた陽子さん(優香)のメッセージを読んで、自分の夢を大切にすることを決意。コハルちゃんは、おばあちゃん(浅加真由美)に託し、NYへと旅立ちます。

もうね、さすがに最終回、最初の方からうるうるでした。(基本、泣きっぽいし・・)
「マイガール」結構、心にしみる言葉が多いんだけど、今回もしみました。

いつも、いいタイミングでいい事を言う、林さん。
今回も「親の愛情の示し方は、子どものことだけに生きることだけではない」って、NY行きを断った正宗に対しての一言。
そして、「俺は家族のために写真を捨てた人間だけど・・」林さんは、今の自分を決して後悔はしていないと思うけれど、そういう林さんだからこそ、言える言葉なのかも、って思います。

それから、コハルちゃんの小学校入学のために母(室井滋)に借金を申し込む場面。この場面もいいです。
正宗が折角のチャンスがありながら、コハルちゃんの幸せのために写真をやめるっていう話をきいての母の言葉。
「私も、あんたを産んではじめて自分のためだけじゃなく生きようと思った時、あ、私も親になったんだなって自覚したものよ。だけどね、子どもとしてはちょっと複雑。お父さんは男手一つで私を一生懸命育ててくれた。自分の人生を私のために捧げてくれて。大好きだったし感謝もしている。でも、この年になるとふと思うことがあるの。父さんは幸せだったのかなあって。今の私だったら、言うかもしれない。子どものためだけでなく、自分のために楽しく生きてほしいって。母さんがあんたに言えるのはどんな決断をしようと悔いのない人生をおくってくれってそれだけ」
あれだけ、最初正宗を自分の幸せの型にはめようとしていた母だったけれど、ここまで悟ってくれて、なんかこの親子関係いいなあって。
親はね、「自分はがまんしてもやれることはやってやりたい」って思うんですよね。
結構自分勝手な私だけど、やっぱりこういう気持ちは絶対にありますよね。
でも、一方で子どもって、どんどん育っていくものだし、親がやってやれることなんて限られているんですよね。本人が納得して悔いなくやってくれるんであれば、親はそれを応援するしかないし。この場面、とっても好きなところでした。

そして、正宗がNYに旅立つ、コハルちゃんとの別れの場面。コハルちゃん、立派な役者さんですね~。コハルちゃんの泣き顔にも、正宗くんの泣き顔にも、泣いてしまいました。

最後は3年後NYからもどった正宗がコハルちゃんと再会するところで終わり。

とっても優しい気持ちになったのと、正宗くんが一歩一歩親になっていく様子に一喜一憂しながら寄り添えたドラマでした。

そうそう、大事なことを最後に!
翔くんは、写真スタジオをやめることになった正宗に変わって入る新人佐藤として登場!
ホントに1場面だけでしたけれどね。
でも目によったアップもステキで(思わずみつめちゃう!)、紫のダウンベストを着た姿といい、好感度抜群のテキパキした新人さんでした。
一歩一歩、ゆっくりと進んでいく正宗とはまた全然違うタイプのアシスタントさんでしたね。
1場面といわず、もう1場面NY行きを決めたところでも登場させてほしかったけれど。


マイガール、毎回とっても癒されていたので終わってしまって残念ですが、1月クールは、翔くん主演の「特上カバチ」を楽しみに!


これまでの回の感想は↓

マイガール 第1話 * 第2話 * 第3話 *  第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 第9話 * 最終話
関連記事
スポンサーサイト



2009.12.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/505-2f547058