FC2ブログ
途中で、レポが途切れてしまいましたが、東京DOGS最終回でした。
別に面白くなかったから、レポが途切れたわけでなく、単にそこまで手がまわらなかったせい。
逆に後半、神野の話に絞られて、テンポ感もでてきて私はどんどん見たくなったかも。
最初のうちは、奏と、奏ママとの電話のやりとりとか(また、緊縛した場面で必ずどうでもいいようなことでかかってくる)、実家でのくだりとか・・若干のうっとおしさを感じたりもしたんですが、だんだん慣れてきたのか、若干トーンが抑えめになってきたからなのか・・小栗くんの戸惑う顔がかわいいから(キュン!) まっ、いいかっていう気になってきた。
(でも、あの妹の彼氏役の子の妙なテンションには最後までついていけなかったけれど・・)

マルオ(水嶋ヒロ)もはじめ若干どうかと思う時もあったけれど、すご~くいい奴だった。水嶋ヒロくんって、完全なシリアスな2枚目よりも(メイちゃんの執事とか・・)2.5枚目的な方がいいなあ。今回とかイケパラとかね。
あと、Mr.BRAINの刑事役はかっこよかったですけれど・・・ちょっと気弱で下っ端な感じがよかったかも。

神野が、仲村トオルさんで登場した時、ストーリーからのイメージよりも若干若くない?とは思ったけれど、由岐(吉高由里子)と恋人関係にあったという設定だからこのくらいの年代の感じなのよねって思った。

大友さん(三浦友和)とスーさん(志賀廣太郎)は、流星とアンフェアのトラウマがあるから、最後の最後で向こうの組織の味方だったなんてどんでん返しはないよね、って頭の片隅にあったけれどそういう展開はなく無事に終了です。

全体を通して見ると、あり得ない感じはいろいろにあったけれど結構テンポもあって面白かった(マルオと奏のぐだぐだなやりとりは、ほどほどな加減にしてくれると嬉しい・・あっていいから)

奏は、NY市警に本当に戻るのかな?
何か、フジはスペシャルか第2シリーズを考えているように思うんですが・・・・
どうでしょうか。




東京DOGS HP

東京DOGS #1  #2  #4  #5  #6



関連記事
スポンサーサイト



2009.12.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/519-e0e6ac72