上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

「最後の約束」昨日ちょっと時間差にはなっちゃいましたが、一人でじっくりみれました。
良かったですね。良かったよ、本当に。
この「良かった」って2つの意味で良かったなんですけれど、
1つは純粋に、ドラマとして面白かった。
ビルジャックの現場のそれぞれの場面を並行して映していって、どうなっていくかなっというワクワク感があった。
富沢(櫻井翔)が轟冬子(大塚寧々)の過去の薬害の話をしはじめたへんから、あれ?さっきの後藤(松本潤)の話と繋がる?とか棚田(相葉雅紀)のケータイが自分のものでなく死んだ人のものっていうあたりで、ひょっとして・・・なんて思いはじめて・・・
でも、後藤を撃ったのが実は棚田だったっていうのにはぜんぜん気づかなかったわ。
そして、セキュリーティセンターのシーンで、すべてが一つに収束していって。

2つめは、途中まではドラマとして楽しんでいたんだけど、最後ダクトを移動するところから、車に乗り込んで、そして公園のシーンで”嵐”だ!!ってすごく感じて。
「花火」のおちも話しとしてもよかったし、この画がホント嵐らしいなとも感じたし、最後のせりふがドラマと彼ら自身が完全にだぶってきこえて。何か、涙がでちゃった(って、あまりにも泣きすぎですか??)
(それにこういう役者自身のキャラとストーリーをかぶせるのって、本来純粋にドラマとしては、良いのか悪いのかはわからないけれど、今回は嵐フィーチャーっていうことで脚本・演出も完全に意識してやっていると思うしね。特に思い入れのない一般視聴者はどうみるのかなあ)

最後の公園のシーンは観ながら、何か「ピカンチ」を思い出しちゃったんですよね。
ピカンチの5人とは、もちろん設定もキャラも違う。でも同級生の5人ですよね。
そういう5人がピカンチの時も、最後明日に向かって歩きだしていたと思うんだけど(最近見直していないから、かなりいい加減な記憶かもしれませんが)その時は、漠とした不安も感じながらもこれからに向かっていく感じが青春ぽい感じがすごくあった。
そして今回のラスト、大ちゃんの「行こう」という言葉でが5人が並んで歩く場面(この場面、すごくかっこよかった)
「10年先はどうなっているのかな」って言っているけれど、何かその姿には確固としたもの、自信が感じられて、大人に成長した彼らがいたんですよね。ピカンチは10年前ではないけれど、何かその成長ぶりというか違いにも感動をおぼえてしまいした。

5人の演技が一気にみれる、そのことも嬉しかった。
大ちゃんは、小堺さんとのかけあい、相変わらずナチュラルですごくいい感じで、要所要所、特に5人そろってからの場面はまるで成瀬さんを彷彿とさせて大ちゃんのお芝居やっぱりいいですね~。
翔くんは、まずそのメガネ男子ぶりにまず心を奪われてしまったんですが(爆)、はじめのいい人だけどダメ営業マンキャラから、だんだん謎めいていく感じが良かったわ。
相葉ちゃんは、エプロン男子かわいかったです。
ニノは藤木さんとの絡みでしたよね。ニノは、やっぱり表情の変化がいいよね。その微妙なところをずっと追っていたくなるし、そういう山際(ニノ)が、感情を一気に爆発させるところもよかったわ。
潤くんは、こういう役やらせるとホントにかっこいいですよね。黒木メイサさんって、その時の役によって、私の中で結構好感度が上がったり下がったりしているんですけれど(っていうか、クローズZEROの印象が悪い)今回は、かっこよくて意思の強い感じがよかったですね。でももっと恋愛っぽい感じが漂うのかと思ったら、その辺はあっさりっていう感じでしたけれど・・。

「空高く」もサビの「1,2,3・・・・」のところが耳に残って、昨日からずっと頭の中でぐるぐるしています。


おちがわかったところで、もう一度じっくり、それぞれの表情に注意しながら見直したいなって思っています。



 

関連記事
スポンサーサイト
2010.01.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/547-339995a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。