上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

昨日は朝、日テレ系のバンクーバーオリンピックのキャスターの発表があったので、ZEROでは絶対にやるだろうなあと思っていましたが、さすがZERO、たっぷりやってくれました。メインキャスター荒川静香さん、スペシャルキャスター櫻井翔さん、そして出演はしていなかったけど、キャスター荻原次晴さんとご紹介があった後で、荒川さん、翔くんご挨拶。
翔くんのご挨拶は、
「北京オリンピックで本当にたくさんのアスリートの方にお話を伺って、オリンピックは選手にとってどれほど大きなものか、どれほど夢の舞台なのかということをホントによくわかったので、またこのバンクーバーでもたくさんの選手の思いを伝えていけたらと思っています」
こちらにも、キャスター抜擢の話、アップしてます。→)

そしてその後翔くんの、スキージャンプ、岡部選手への取材のVTRをやっていました。
岡部選手は現在39歳、長野オリンピックで団体で金メダル、その後ジャンプ競技のルール改定の影響もありスランプ等もありましたが、今回4度目のオリンピックに挑戦ということになります。
そして、まずは実際に体験してみるということで、最初は地上での踏切り練習。身体を支えてもらって、2メートルくらいは高さがあるということで、はじめこそちょっとビビっていましたけれど、2回目すごくきれいなフォームで成功。
岡部選手からも、最初でこんなにできる人はなかなかいないっておほめの言葉をいただいていました。

そして、次にジャンプのスタート台にあがってみることに。
あれ、すごく高いし、急なんですよね。
ナレーターが「実は櫻井キャスターは高いところが少し苦手」って言っていましたけど。少しじゃないじゃん(笑)
でもね、すごく頑張っていた。上がっただけでなくて、実際に選手がスタートする時スタンバイですわっているベンチみたいなところまで行って、本当のスタートの状況を体感していましたから。絶対に怖かったと思うけれど、プロ意識よね。

そして、その後、岡部選手にインタビュー。数々の困難をどのように乗り越えてきたのか、岡部選手のこのがんばりを支えてくれているのは、長野五輪のチームメイトでライバルでもあった原田コーチや齊藤監督。この2人にもお話をきいていましたけれど、何か頑張ってほしいなあって思いました。

長野の時、すごく見ていて、ジャンプもこの3名に船木選手を加えた4名の活躍本当にみていて、原田選手(現、コーチ)のちょっととぼけた天然キャラとかも面白かったしね。そしてかつて、ともに戦ったライバルでもあり、仲間達が、岡部選手のことをいろいろ良くわかった上で今度は支える側としてともに戦うところがいいなあって。

ジャンプ明日発表ですか?岡部選手選ばれるといいなあ。

その他昨日はイチメンは菅直人財務大臣が生出演ということでありませんでしたが、お話をうかがっている時、翔くんも菅大臣に質問していました。

昨日は黒に薄い白の縦じまが入ったスーツに地模様の入った、エンジ?紫?のネクタイ。昨日のネクタイはあまりみたことがなかったような。
髪型はちゃんとフワフワして前髪がおりていて、私の好きな感じで大満足です。


そうそう、オリンピックの話の間、「揺らせ、今を」かかっていて。ジャンプの取材映像にもすごくあっていて、元気が出る感じでした。

この「揺らせ、今を」、ラジオから録音したものをいただいてリピリピの状態なんですが、(私信:ありがとうございます!)キャッチーで、元気が出る感じです。
今きいた範囲だと、ソロの展開とかなくて、基本ユニゾンでずっと進行している。一緒に声を合わせて前へ進んでいく感じが、嵐の2010年最初に流れるものとしてはすごくいい感じだなあって思いました。




関連記事
スポンサーサイト
2010.01.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/552-5436b0bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。