上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
特上カバチ 第2話です。

先週は、若干キラキラゴテゴテで、すこーしうっとおしさがあったCGの数々。
今回はちょっと抑えめモードに修正されていて、楽しくかつ目頭熱くなる場面もあり良かったです。

今回は、前回から引き続き、野球部以来の男の友情が400万円の借金でこじれていく話の完結編です。



行政書士補助者の 田村 (櫻井翔) は、心やさしき熱血漢。依頼人・中山 (吉田栄作) の借金問題解決に奔走するが非情になりきれず、なかなか相手側の行政書士・美寿々 (堀北真希) に決め手を出せないでいた。
そんな中、またもや美寿々が先手を打ってきた。上杉 (田口浩正) が裁判所に支払い督促の申し立てをしたのだ。つまり10日後までに400万円返済しないとお店が潰れてしまう。
返す術のない田村を見かねた中山は、三行半をたたき付け、田村に担当を降りるよう涙ながらに訴える…。
そんな田村を事務所の大ボス・
大野 (中村雅俊) が冷静になれと後押し。
ようやく田村も覚悟を決めるのだった。
しかしその矢先、今度は美寿々が大野行政書士事務所に乗り込んで来る。
ついに田村と美寿々の最後の交渉が始まる。
(番組HPより)

何かねどうしても、みすずに感情移入しちゃう私がいるんですよね。
だって、前半の田村はどう考えてもあまちゃん。真っ直ぐだか何だか知らないけれど、そんなに感情に揺さぶられてて大丈夫 オイッ!ってつっこみたくなっちゃう。
みすずセンセイになりかわって、私がチクチクいじめちゃって、翔くんのヘタレ顔がみたい!!な~んてね。
それに、上杉さんの会社の人の前で、「上杉さんは、何もはずかしいことなんてしていません!」ってかばうところ、やけをおこして遊び歩いてる上杉さんちの息子にため口で説教したあげく「じゃあね」って去っていくところ、かっこいいですよね。

そして田村は、一度はみすずに追い込まれたものの、大センセイの「弱点を守るためにはったりをしている」っていうアドバイスをもらい(それにしても、梅干しを食べてスッパイ顔の新旧アイドル?の顔がかわいすぎる!)逆転にでます。

巌流島戦法、確かにセコイ手だけど、単に物理的な環境で心理的なものも随分変わりますよね( しかし、袴姿の翔くんのちんまりしていること 笑  やっぱり、小動物系だわ。2人とも、ムサシ・コジロウの凄みはなくて、かわいかった)

そして、法律上の戦いでは勝ったものの、依頼者の本当の気持ち(自分は守りたいけれど、相手をうちのめすことは望んでいない)を大切にしたい田村は、中山さんからの返済金200万円+足りない200万円を昔の野球部仲間に呼び掛けて集めて、さらには自分のポケットマネーも加えて上杉さんが入学金に必要な400万円をそろえることに成功!
田村自身がめざした人間味のある解決ができました。


そして、ラスト・・・大センセイを見込んだ(?)みすずが、大野事務所に転職してくることに。
そっかあ、ここから対立するだけでなく、ともに戦う相手に2人はなっていくんですね。


最後の生電話。真希ちゃんが電話する後ろでウエイトトレーニングする翔くんと克実さん。生電話、あんな楽しい場面がみられるのは嬉しいかも。
しかし、かけた相手がお話中なんてハプニングも生ならですね。

過去の記事はこちら↓
第1話 * 第2話 * 第3話 * 第4話 * 第5話 * 第6話 * 第8話


 




関連記事
スポンサーサイト
2010.01.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/577-6bb71072

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。