上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

MOREの一途 今月のサブタイトルは「旬のアイドル」です。

「今、こんなに嵐が求められているのは幸せなことだと思う。一方で、今がマックスなんだろうなとも冷静に思う。仕事量的には限界じゃないかな。これ以上増やしたら、ひとつひとつのクオリティが下がっちゃう。それだけは絶対にしたくないから、今の量はいつまでも続けられないなっているのが本当の本当の本音。実際、この状態が続くとも思わない。だって、嵐は今が旬だからね。旬はいつか終わるものだと思うし(笑)」

長い抜粋で(笑)
今がマックス とか 今が旬 とか 11年目はしらふの嵐にもどる とか10周年はお祭りだった  とか・・・・
まあ、ニノのみならず他のメンバーも、昨年来の10周年もあっての嵐大フィーバーぶりに対しては、「ありがたい幸せな状況ではあるけれど、これは一時のことでそうずっと続くことではない」といった趣旨のことを繰り返し言ってますよね。

メンバー達の冷静さ謙虚さとかについては、もちろんいつもいつも素晴らしいなと思っておりますが・・まあそれはちょっとおいておいて、
「旬ってどう終わるものなんですか?」
っていうのが実は最近ふっと私の頭をよぎる疑問。
今、毎日何かしらの嵐関連のニュースがあるけれど、そういう状況ではなくなるってこと?(まあ、雑誌も含めれば・・とってもチェックしきれていないからね)
激増している(のよね、多分)ファン数がちょっと落ち着きをみせてくるってこと?(だって、ファンクラブの会員数もすごいよね。今入会すると会員番号、何番台になるんだろう・・・・まあ、ちょっと落ち着いてチケット争奪戦が緩和されればそれはありがたいけれど・・・って自己中?)

でも、4月からはプライムタイムに1時間枠の冠番組3本になるし、露出量は変わらないよね。
もっと他に、話題になるようなグループとかがでてきたらっていうこと??

きっと、本人達は常々言っているように、こうやって注目されたからこを生まれるチャンスを大切にしながら、目の前にあることを一歩一歩こなすだけっていうことだけなんだろうけれど。

前に、ブロ友さんが彼女のブログの中で、アラシ自身は今吹きあれている嵐の真ん中、ちょうど目にあたる場所にいるから無風で、周りの方がその嵐にさらされている的なことを書いていらっしゃって、すごく納得した感じがあったんだけど、中にいる本人達は目の前のことに淡々と取り組んでいくだけなんだろうけれど(まあ、それもすごいっちゃすごいけれど・・)、周囲にいる私達は嵐にさらされていて、その嵐がおさまった時はどんな風景になるんだろうか・・・って思うんですよ。
まあ、どんな風景になろうとも、そこには無傷の彼ら5人がきっといるはずで、そこについていくだけなんだけどね(きっと台風一過で、余分なものはそぎ落とされて、青空が一面に広がっている?!)


今回の記事の中では、前に「情熱大陸」でニノが発言していたことについて

「世の中の若い男の子たちに、ジャニーズなんだとバカにされながら仕事をするのが面白い」って言っていたけれど-。「あの気持ちは、もうないね」とニノ。

ここが面白かったなあ。最近、ニノって以前よりちょっと相手を煙に巻くようなひねった発言が減ってきているように個人的には思っていたんだけど、ここまで超メジャーに幅広い年代層、そして男性支持すら増えている状況が肌で感じられるようになると気持ちも変わってくるのかなあ。
ニノのすごく世間の思惑をはずしてくるような尖がった感は好きだったんだけどね。
でも、この世間的に「嵐、嵐」っていう姿勢に感謝はしつつも淡々と自分のやるべきことをやるだけ、世間のイメージにとらわれずに仕事をとっていくっていうスタンスが、今のニノの尖り方なのかもしれない。(大奥とかGANTZで、今までみれなかったニノ、世間的に思い描かれている二宮和也を越えていってくれるようなものがみれたら嬉しいなって思います)

(→ニノの情熱大陸についてはこちら)





関連記事
スポンサーサイト
2010.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/586-472035d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。