上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

2007年春の特番で放送されたタモリさんの「世にも奇妙な物語」の中の1編、「才能玉」です。
全部で、5話入っていますがとりあえずみたかった「才能玉」をみたので、それについて。
(見終わって、追記できれば他の4話についても感想を簡単に書ければ)

ストーリーは、なめれば人の隠れた才能が現れるという才能玉(チュッパチャップスみたい)
全然売れず「才能がない」と言われたロッカーの大田真和(櫻井翔)が、才能玉をなめて自分の隠れた才能に気づいていく・・・ということで、最後にどんでん返しがあったりするんですが。

このシリーズ1話は15~20分程度の短いものですが、ギュッと凝縮されていて面白かったです。
昨秋でた別冊宝島の翔くんの役者業についての文の中に
「個人的には、『世にも奇妙な物語・才能玉』で見せた、悪事をたくらむ邪悪な表情に可能性を感じるが・・・・」っていう一文があって、基本いい奴な役が多い翔くんが邪悪!ってどんな感じ??ってかなり興味をそそられてみてみました。

別冊宝島についての記事はこちら→
別冊宝島での翔くんの俳優業と絡めての記事はこちら→

翔くんの邪悪な表情!確かに、邪悪でしたね(笑)
才能の一つに、犯罪者としてのそれがあって、ふと気付くと邪悪な表情になり頭の中は完璧な悪事の妄想でいっぱいになっているんですけれど、その切り替え具合といい「ホントこいつ悪そうだよね」という表情といい、すごく見せて楽しませてくれました。

ちょっと前にも、私情、私見たっぷりのキャラクター芝居・人間芝居といって記事を書かせていただたんですが、(その記事はこちら→)
これは、翔くんがキャラクターを見せるキレの良さが表れた一編かなあと。
もともと、バラエティの中のコント的な部分ではメリハリの利いた面白さってすごくあるって思うんですが、これも短い時間の中でメリハリをきかせた変化が面白く出せていて、作品自体にも合っていたなって思います。

しかし、ふだんは「あんな顔絶対にしないで!!」って言いたくなるような邪悪な(爆)顔でした!
先日みた「蠅取り紙」のナチュラルさとは、全然違う。

共演は、平山あやさん。
平山さんって、潤くんが「東京タワー」でも共演していますよね。


世にも奇妙な物語 2007春の特別編 [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る




 

関連記事
スポンサーサイト
2010.02.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/618-69fe86d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。