FC2ブログ
いつも月末にその月に読んだ本を、エントリーしているのですが、2月はすっかりスルーしていました。
ので、3月に読んだ「ラッシュライフ」の感想(3月はこれ1冊)とともに、2月の読んだ本一覧です。
「ラッシュライフ」は私にとっての3冊目の伊坂作品でしたが、これまで読んだ「終末のフール」「重量ピエロ」とは印象がちょっと違いました。

ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
(2005/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


いくつかのストーリーが並行して進む、それはどれも多かれ少なかれ一緒なんですが、「終末のフール」や「重力ピエロ」は、何についてのストーリーなのかテーマが比較的見えている気がするんですが、「ラッシュライフ」読み進めていく間、一体どこに自分が着地するのかよくみえない若干の不安感を抱えながら進んでいっている感じがしました。
でも、その分最後に近づくにつれ、すべての話が繋がってきた時の爽快感はすごく感じられるんですよね。
1回読んだ後に、もう一度読んだら初回では気づかなかったところがいろいろみえてきそうな気がする、そんな感じがしていました。


2月に読んだのは、「重力ピエロ」(伊坂幸太郎)と「トキオ」(東野圭吾)の2冊、感想はこちら→

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


トキオトキオ
(2002/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



2010.03.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/638-04ac4285