上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
またまた発売日から、大幅に時差ありで、失礼します。
今回のタイトルは「壊れない人」
リクエストに応えて「飛んでいる」ニノの大きなビジュアルが、何か自由な感じでいいし、ニノの表情もいい。

「壊れない人」が好きだって語るニノが、「壊れない人」=「おバカなヤツ」としてその代表としてあげているのが嵐の中でいえばリーダーと相葉ちゃん。
ニノが相葉ちゃんとリーダーについてひとしきり語っているんですが、そこに書いてあったことが私がニノはきっとこう思っているのかなあという予測通りの言葉になって書かれてあったので、思わずBINGO!!でうれしくなっちゃった。

ニノにとっての「おバカなヤツ」って最大級のほめ言葉で、「強くて賢いからこそ担える」、ニノ自身も自分で語っている通り自分ではそこまではなりきれない、ある意味憧れ(??)のポジション。
相葉ちゃんのことは、「実は繊細なんだけど、仕事の時は完璧におバカに徹しているから、こっちも思う存分打ちまくれる」
リーダーのことは「本当に強いおバカだと思う(笑)。あの人は、いわゆる芸能界的ルールとか、心底、気にしていないバカだからすごいんだ」

全く、そうよね~って、全面同意です。
相葉ちゃんって、明るくておバカキャラのように言われているし、実際天然ではあるけれど、たぶん5人の中である意味一番繊細、壊れやすいものを持っているんじゃないかなあとも思うんです。だからこそ、特にバラエティの場面にあっては、天然でおバカキャラに徹していて、だから壊れずに済んでいる部分もあるんじゃないのかなあって。
リーダーは、既成のルールとか、勝手な思い込みとかイメージとかにとらわれず、そういうものから本当に自由でいられる人。(権威的なものに対して、色気がないからなんでしょうね)

ニノ自身も今回のインタビューの中で「どんな人も実際に自分で近づいて、触れてみないとわからない」と語っている通り、人の目を通した情報ではなく自分自身の目でみて感じたことで生きていこうと思っていると思うので、そういう意味でもリーダーはニノにとって尊敬すべき憧れでもあり、どんなにいじり倒しても壊れない強さ(まわりの余計な雑音に惑わされること泣く、自分の価値観でたっているからね)を持つ安心できる相手なんだろうなって改めて思います。

ついでにいうと、これは全くの私見ですが、ニノと翔くんはある意味周囲の見え方とかすごく共通するものを持っていると思う。ツーカーに理解しあえる部分も多いんじゃないかと思うし。リーダーや相葉ちゃんに対する評価も、きっとみる基準は一緒なんじゃないかと思う。
潤くんとニノは目標地点が一緒で、アプローチが違う感じ?うーん、ニュアンスですけれどね。

松山ケンイチくんのことを「面白いし、優しいし、オレに比べてすっげぇマジメ!」で、「うちのグループで言えば、相葉くんとマツジュンを足して割った感じ」と評しているところ。
芳麗さんは「不思議なたとえ」って表現していたけれど、でもわかるよ、このニュアンス!!って思いました。

インタビューの中でニノが「たとえば、演技論を語る人がいたら、すごいなって思うけど、同時に机上の空論じゃ意味がないと思う。それを演技の中で成立させて、ほかにも使う役者が出てきて、初めて理論として成立するんじゃないの?・・・とかね。つい思っちゃうし、言っちゃうんだ(笑)」
って語っている部分があるけれど、ニノがそうだとしたら、私のイメージでは残りの嵐メンは、
潤くん、「演技論を語るけれどそれを机上の空論に終わらせず真摯に努力しようとしている感じ」(だから、ニノは潤くんのまじめさをとっても買っていると思う)
相葉ちゃんは、「理屈よりも、とりあえず体当たりで実践」
リーダーは、「そもそも言葉で語る理屈自体がリーダーにとってはあまり意味を持たない。自分の感覚を信じて進んでいく感じ?」
翔くん 「理屈は頭の中にすごくあるけれど、それについて語ることはあまりしないで、とにかく実践できるよう努力する感じ?」
これは、もう勝手な私のイメージなので、反論のある方も大勢いらっしゃるとは思いますが。


私自身も、物事からリーダーほど自由にはなれないけれど、ニノのような気持ちの自由さを持っていたいなって思います。


関連記事
スポンサーサイト
2010.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/677-50a3eb2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。