FC2ブログ
劇団☆新感線の「薔薇とサムライ」みてきました。
私にとっては、昨秋の「蛮幽鬼」に続き、2作目の新感線です。
面白かった!!! もうその一言につきる感じ。圧倒的なエンターテイメントです。

●「薔薇とサムライ」
  at  赤坂ACTシアター
  作  中島かずき
  演出 いのうえひでのり
  出演 古田新太・天海祐希・浦井健治・山本太郎・神田沙也加・森安みはる・橋本じゅん・高田聖子・粟根まこと・藤木孝

  
本当に、「あ~、面白かった!あ~楽しかった!」そういう清々しさ(笑 ?)が感じられる舞台でした。
基本ミュージカルというか、音楽劇なんですけれど、役者さんの歌も踊りもすべてがパワーに満ちているし、おなかに響く生バンドのロックのリズムも、映像いっぱいの舞台装置も、すべてに引き算的要素はなくてオンされていく感じ。猥雑さとエネルギーに満ちていて、その圧倒的な力に引きずり込まれる感じです。

ストーリーは、女海賊アンヌ(天海祐希)が、貴族達の陰謀に巻き込まれて、小国コルドニアの先王の娘にとして女王にまつりあげられ、運命に翻弄されるのを、大泥棒五右衛門(古田新太)が助けていく、まあものすごーくざっくりいってしまえばそんなストーリー。
だから、ストーリーがどうのっていうことはあまりないんだけれど、何しろ役者さん達が、歌で、踊りで笑いでもういろいろみせてくれて、それを堪能できることが何より楽しいし満足。

もう一番は何と言っても天海祐希さん。
かっこいいですね~。ほんとに目が釘付けだったわ。
彼女の宝塚時代みたことないんですが、男役かっこよかったでしょうね。
女海賊の姿も、女王となって、男装で戦いに臨む姿も、まるでベルばらのオスカルを彷彿とさせるようだった。
オーラがもう全然違いますよね。

古田さんも、古田さんの舞台が観たいってずっと思っていたので、大満足でした。
古田さんの五右衛門をみていると、なんか歌舞伎を思い起こします。

そして、その他の役者さん達もそれぞれ見せるし、歌も聴きごたえがあるしいいんですよね。
特に、浦井健治さん、橋本じゅんさん、高田聖子さんは思わずみちゃいます。

とにかく、観終わってとっても元気のもらえる舞台でした。

付け足し:赤坂ACT、初めて行きました。2階席のほぼ正面だったんですが、すごく段差のある作りなんですね。せりあがっている感じで舞台がすごく下の方に感じました。(そんなに距離としては遠くはないんですが)





関連記事
スポンサーサイト



2010.04.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/701-6a4e6478