FC2ブログ
怪物くん 第2話です。
今回はお金の話。
お金の意味がわからない怪物くん(大野智)が、ウタコ(川島海荷)の生活費をつかいこんじゃったことが原因でウタコはライフチェンジなるアックマー(津田寛治)の組織にひっかかり、お金と引き換えに生命力(欲望)を吸い取られていきます。
一方、怪物くんは空腹にたえ、お金がなければごはんも食べられない現実につきあたり初めての労働を。
そして、働く-もらう-払う-食べる という仕組みを実感し、働いた後のおにぎりのおいしさも知ることに。
そして、最後はヒロシ(濱田龍臣)の病院代のために再びライフチェンジを訪れるウタコを、怪物くん達ご一行が助け出します!

嵐ファンとか、大ちゃんがみたい!とかそういうことを超えて、結構「怪物くん」好きです。
かなりはまりつつあります。

まず、怪物くん、ドラキュラ(八嶋智人)、オオカミ男(上島竜平)、フランケン(チェ・ホンマン)この4人がホントに魅力的で、絡み方も楽しくて面白い。
フランケンは、本当にチャーミングですよね。チェ・ホンマンさんすごいなあって思う。「フガ~」しか言っていないのに、ものすごく伝わる伝わる。ウタコに対する態度、かわいいよね、それにものすごくいい人!
日和見的なドラキュラとオオカミ男はまるで漫才コンビのようですけれど(笑)
そして怪物くん、というか我らが智くん。この人やっぱりただもんじゃない。本当にあのふり幅の大きな多彩な表情に驚かされます、火まで吹くしね(笑) あの黄色の衣装姿をみていると、10代くらいにしかみえなくなってくる(若い!!)
あと、さすが!と思うのはアックマーの津田さん、結構アックマーみるのも楽しみの一つです。

子役の濱田くんとかもかわいいし頑張っているんだけど、子役に持ってかれちゃっていないオジサン、オニイサン達の体張りぶりがすばらしい!

そして、ストーリーもね、もちろん基本単純明快な話で、もちろん子ども向けっていえばそうなんだけど、すごく本質的な部分をストレートについているところ、全体にブラックな感じもきかせているとことがいいかなあ。

怪物くんがペンキ塗りで稼いだ100円をウタコに持っていくシーン(これだって、全然世の中わかっていない怪物くんが持って行くからいいんで、ちょっといろんな下心がみえちゃうとくさいだけになるよね)で、「お金ほしがって何がいけないの?」とか

はたまたウタコとのやり取りを経て怪物くんがお供3人に問いかけるところ
「貧乏って何だ?お金がないことなのか?お金っていいものなのか?悪いものなのか?」

そしてアックマーに
「人間なんて愚かだとは思いませんか?無限に金をほしがり、金に群がり、金こそすべてだと考えている。ホントはお金なんかよりもっと大切なものがあるのにそれに気付かないんです。お金では買えないものが世の中にはいっぱいあるのにそれがわからないんです。人間は・・・・」って言わせて、
「お金は悪くない。ほしがって何がを悪い、きれいごと言うな。お金に謝れ。お前働いてお金もらったことあるのか?働く、もらう、使う、うれしい、わかるか-! お金、最高!!」って怪物くんに言わせるところ。
藤子先生の原作の力なのかなあ、単なるお子様向けのものではないよね、って感じました。

エンディングで流れる「Monster」、ドラマとの相性も上々な感じがしています。


そして、ドラマ終了後、土曜の嵐ということで、嵐5人のトークのところで
「どうでした?」ってちょっと照れながら言う大ちゃん(さっきまでの、怪物くんがうそのよう)の様子が好きです。


怪物くんの感想はこちら。
怪物くん  第1話 * 第2話 * 第3話 * 第4話 * 第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 最終話 * 怪物くんSP


関連記事
スポンサーサイト



2010.04.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/722-0d37b363