FC2ブログ
もう首都圏での公演はおわってしまいましたが、10月に蜷川幸雄演出のオールメールシリーズの「から騒ぎ」を見に行きました。
私は、蜷川さんの舞台はDVDでしかみたことがなくて、是非生でみたい!!って思いお初で生で観ました。
おもしろかった
その一言
小栗くんがみたくて「お気に召すまま」のDVDを観たのが最初なのですが、シェークスピアってこんなに面白いの?!っていうのがうれしい驚き
それで、蜷川さんのシェークスピアがみたいって思い、チケットを購入しました。

配役は、
ベネディック:小出恵介
ビアトリス:高橋一生
クローディオ:長谷川博己
ヒアロー:月川悠貴
ドン・ペドロ:吉田鋼太郎
レオナート:瑳川哲朗

まず、まあ主演の小出くん。私がもともと持っていたベネディックの印象よりは、ずっと軽くて軽妙さが勝った感じでしたが、初舞台ということですごく頑張っていたかなという感じでした。テレビでみて思っていた印象よりずっとチャーミングな感じでした。
何といっても圧倒的な存在感は吉田鋼太郎さん。蜷川さんの舞台には本当に欠かせないベテランの役者さんなのですが、すごいです、迫力があります。重厚さもコミカルな感じもあわせもって目が吸い寄せられてしまいます。
そして、長谷川さんのステキなこと役柄のせいもありますが、かっこいいです。

とっても幸せな蜷川・生体験でした




関連記事
スポンサーサイト



2008.11.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/8-8dbf9371