上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
このところ「嵐にしやがれ」は見れたら、その足でじゃないけれど、すぐに感想アップと思っていたんですけれど今回はなんか考えがまとまらず、一晩こしちゃった。
(まあ、まとまる、まとまらないほど大した感想持っているわけではないんですけど・・・爆)
今回のアニキゲストは、清原和博さん、野球少年だったニノ、潤くん、相葉ちゃん、中でもニノはすごい嬉しそうでしたね。
で普通には面白かったし、コンビ絡みの細かいツボはあったんですが(1回さらっとみただけだから、そんなに細かく今書けないけれど)

一晩明けて・・・・・、
「嵐さんもスタッフもファンも、今はちょっと我慢しながら、模索の時期なのかなあ」って。
今回アニキゲストは清原さんだったじゃないですか。
だから、清原さんの豪快な伝説をきいている分には、私も嵐さん達と一緒で、「ヘェ~、すごいなあ~」っていう気分だった。
でも、セットが回転して清原さんファンのオジサン達30人がでてきた時点で、「おいおい、そっち??」って思っちゃった。
だって、清原ファンのおじさん達に、それも清原さんよりのお題に対してトータライザーで嵐か清原さんかを判定!って言ったって、な~んの意味もないじゃない。なんか比べる土俵っていうか、次元というか全然違うよね。

ふられた嵐さん達、み~んな頑張ってたけれど、一体どっち方向に落として持っていけばいいのか正直戸惑っていた気もする。

まあ、相葉ちゃんの予告ホームラン姿とかかっこよかったからいいんですけどね。

最後、モツをハフハフ言いながら食べてる嵐さん達は可愛かったけどね。

「VS嵐」がゴールデンにお引っ越しして半年以上を経て、最近ちょっとづつ嵐さん達の自由度が増えてきていることで、ファン的楽しさが増えてきているように、「嵐にしやがれ」もスタッフも嵐さん達の引き出し方を模索の時期だし、嵐さん達も何も準備のないこういう番組の中での嵐味の出し方の模索の時期なのかなあって。
だから、ファンとしては、とりあえず各回波はあるけれど、じっと見守っていようと思っています。
って、こんなところで、ブツブツ言っていないで、日テレのHPにいった方が建設的?


「未知との遭遇しやがれ」今回はニノ。脳を鍛えるということで、中華料理を作りにいくロケでしたが、こっちは地味ながらも毎回結構好きかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
2010.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/862-3d98cf1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。