FC2ブログ
「神様のカルテ」読み終わりました。

神様のカルテ神様のカルテ
(2009/08/27)
夏川 草介

商品詳細を見る


● 「神様のカルテ」 夏川草介  小学館

はじめ、この漱石フリークの主人公の文語調の独特のしゃべり方になれるまでは現代を扱った小説なのに不思議な感じがありました。
でも、それに慣れてしまうと文語調でちょっと距離を置くように、そして感情を抑制するように語られる 一止と安曇さん、学士殿とのエピソードの哀しさ、優しさに胸をつかれる思いでした。

現代の地方医療の現状に対しての問題提起も含みつつ、でももっと広く生きていくスタンスであったりとか・・・、人の話になっているところがいいなあって思います。

ひと癖、ふた癖ある登場人物も、みんな孤独をかかえながらも温かく、支え合いながらも、もたれ合わない感じがすごくいい感じで魅力的でした。

以下、「続きを読む」には、映画化との関連の妄想を


もう、読みながら妄想全開状態です。

宮崎あおいちゃんは、ハルさんに本当にはまっていると思います。ピュアで、華奢なんだけどしっかりたくましい感じもあって、他の女優さんをイメージすることは難しいくらい。
そして一止役、我らが櫻井翔さん。
合っていると思いますよ。
漱石好きで、文語調を使う独特の喋り方で、ちょっと変人扱いされながらも信頼されている優しいお医者様・・・もう白衣姿の翔くんが私のまわりをウロウロして・・・・それに、外科じゃなくて、内科っていうところもなんかピッタリかも。

文学つながりっていうただそれだけの理由で、黄色い涙の竜三さんがチラチラウロウロするんだけど、でも外見の設定はもっと端正な印象があるから素の翔くんに近い感じですよね。

そして、このイチさん、優しくて誠実なお医者様っていうだけでなく・・・変人っていいうか一風変わってるじゃないですか。喋り方もだし、生き方も・・・そこの部分があるので、翔くんならよりその味わいを出してくれるんじゃないかなって思っています。

気になるのは、共演者の方たちですよね。
男爵、学士殿、砂山先生、古狐先生、大狸先生、
東西さん、水無さん、安曇さん・・・

夏の終わりには発表になるんでしょうか・・・楽しみだわ
私は、東西さんはなぜか・・水川あさみさんのイメージなんですよね。

公開まで、あと1年ほどあると思いますが、これから少しづつ公開になる情報もプラスしながら、妄想世界でしばし楽しみたいと思っています。




関連記事
スポンサーサイト



2010.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/878-b60e17a1