FC2ブログ
「夏の恋は虹色に輝く」の第1話です。

ここ1,2週間渋谷等々ターミナルで、大パネルでの夏虹祭り開催中、
ここ1週間ほどは番宣にもバンバンでてるし、雑誌も表紙やら、インタビューやらたくさんでてるし、期待満々でみました。
そして・・・・
ありがとう! こういう松本潤がみたかったわ!

花男で気になり始め、きみぺをみて完全におちた人なので、大森美香さんのこのホンは私的にはすごく嬉しい展開でした。

番宣で、伊藤アナがもう1話目からどんどん話が動き始めるって言っていましたが、確かに。

以下、もう皆さまご覧になったかとは思いますが、続きから。


 
第1話では、2世俳優としてなかなか目がでない生活にいい加減うんざりしている楠大雅(松本潤)が、趣味のスカイダイビング中のトラブルから北村詩織(竹内結子)に出会い、さらに詩織が大雅の父の楠航太郎(伊東四朗)の長年の大ファンだったことから、大雅に対して意見をし、さらには楠航太郎の死後、事務所に勤めることになるまで。

と大まかな筋をざっくり言ってしまえばこんな感じですが、お父さんのそんな大雅を思う心情が、ほんのチョイ役で出たシーンを何度もリピしているところとか、詩織への手紙とかにあふれていてちょっとうるっときちゃいました。全体に大雅の自分を認めてくれない世の中への鬱々とした気持ちとかもとっても感じられて、ラブストーリーっていうのは大前提だけど、大雅の成長の物語にもかなり期待できそうです。

また、父から息子への気持ちと同時に、大雅の父への複雑な思いも感じられて良かったです。特にお墓の場面、父親の決め台詞、決めポーズをやってみせるシーンとかね。

あとね、ちょっと邪道な見方だと思うけれど詩織への手紙、単に子どもに対する父の気持ちっていうだけでなくて、役者とそのファンとのこんな信頼に満ちた交流って思うと(まあ、きれいごとの部分もかなりありだとは思いつつ) こんなステキな関係いいなあって思いながらみちゃいました。今嵐にはまっている自分をちょっと重ねつつ、私達の気持ちが支えの一つになっていると嬉しなあ、な~んてね(笑)


そして、潤くんについては、大満足。
ビジュアルは絶好調だし、最初のシャワーシーンとかのサービスカットまであるし。
最初にも書いた通り、私のみたい松本潤がいてくれる!!
相手役の詩織のキャラがすごくさっぱり、スッキリした感じで、もともと竹内さんは好きな女優さんではあるし、潤くんとの絵も大満足です。(もともと、潤くんのラブストーリーを見たい人なので、女優さんとの絡みは、あまりドロドロしていなければ大歓迎!)

海のシーンとか、スカイダイビングのところとか、霊園の場面とか、すごく気持ちのいいきれいな絵も多かったですね。

そして好きな絵といえば、嵐の曲が流れるタイトルロール、潤くんと竹内さんのラブラブなツーショットがきれいだし、キュンな感じでとっても好きでした。


そして、ストーリーは、最後はまさかの展開。
詩織さんが子持ちとは予測していなかったわ。
来週、これがどう転がっていくのか!

潤くんドラマが期待を裏切らない滑り出しでとっても嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



2010.07.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/913-e987b88a