FC2ブログ

さいたま芸術劇場で上演中の「冬物語」をみてきました。
蜷川幸雄さんの演出、唐沢寿明さん主演の、シェークスピアのロマンス劇です。

キャストは
唐沢寿明  レオンティーズ(主役のシチリア王)
田中裕子  ハーマイオニ(シチリア王妃)/パーディタ(シチリア王の娘)
横田栄司  ポリクシニーズ(ボヘミア王)
長谷川博己  フロリゼル(ボヘミア王子)
藤田弓子  ポーライナ(シチリア王家臣の妻)
六平直政  羊飼い
瑳川哲朗  オートリカス(盗人)

ストーリーは、第一幕がレオンティーズ王が、最愛の妻ハーマイオニと幼馴染のポリクシニーズ王が不倫をしているのではないかと疑念にとりつかれ、妻と幼い王子を失い、生まれたばかりの王女パーディタを捨てさせるが、最後に自分の過ちに気付き後悔するという悲劇。
第2幕がその16年後、羊飼いに拾われ美しく成長したパーディタがフロリゼルと恋に落ち、父のポリクシニーズから怒りをかった2人がシチリアに駆け落ちし最後大団円を迎えるまでを描いています。




素晴らしかったです。蜷川演出を生でみるのは、空騒ぎに引き続き2本め。
シェークスピア、本当に面白いです。
これは、原作は本では読んだことがないんですが、ラムのシェークスピア物語で昔読んだ時も、ほとんど強い印象はありませんでした。
でも、実際に舞台で演じると、王たちの荘厳な雰囲気の場面と羊飼いやオートリカス達が中心ののどかで、それでいて猥雑な感じの場面がほどよく配分されていて、狂言回し的役割の人達がすごくきいているんですよね。

舞台セット、衣装とも、シチリアは赤基調、ボヘミアは青基調で展開されていて、本当に美しいです。

そして、まずは唐沢寿明さん、ドラマや映画ではいろいろやられていますが、白い巨塔とか最近だと20世紀少年とかの印象が強いですよね。
バラエティなどでたまに見ると、素はいたずらっ子ぽくて、すごく面白いし。
でもね、昨日はとても威厳があり重厚な雰囲気のシチリア王でした。
声も本当に通るし、嫉妬の狂気に苛まれる姿は、見ている側からはおかしみを誘うくらい(そこが唐沢さんっぽい?)、怒りくるう姿や悲しみに沈む姿は威厳を感じさせながらも人間的な感情にあふれていてよかったです。


田中裕子さん、すごいです。
威厳あふれる王妃と、美しく品はあるものの純朴なひつじかいの田舎娘の2役をほんとに見事に演じ分けていて。
余り席は良くなかったので遠目ということもありますが、パーディタを演じる時王子役の20代の長谷川さんと並ばれても全く違和感なく、軽やかなかわいらしさにあふれていたのはさすがだと思いました。

ボヘミア王の横田さんは素敵でした。かっこよかったですよ。

あと、六平さんや、瑳川さん、特に瑳川さんは歌われる場面も多くて迫力もありましたし、お二人とも狂言回し的役割だと思うのですが、その存在感はさすがですよね。笑いました。

見終わって、満たされた幸せな気分に包まれて帰宅の途につけました。

関連記事
スポンサーサイト



2009.01.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/93-31127fe2